映画 「幸福のスイッチ」

画像



映画 「幸福のスイッチ」 を観ました。

和歌山のちょっと田舎の町の小さな電器屋さんの話です。

電気製品を買うのに、郊外の量販店に車で出向いていって持ち帰ったり
最近ではインターネットで購入したりという機会が多いことでしょう。

価格や品揃えなどでは、圧倒的に不利な町の電器屋さんが
生き残っていくには、この映画の”イナデン”のようなキメの細かいサービスで
対応していくしかないのでしょう。

ちなみにウチの近所の電器屋さんもなかなかに熱心で、ウチの名前を出すと
過去の購入商品の履歴などをパソコンで管理していて、たとえばエアコンの具合が
良くないというだけで、メーカーや型番、保証の有無などが判る仕組みになってます。

老齢のオヤジなどには大変ウケが良く、確かに大型商品のTVなどは
新品持ってきて古いモノは持ち帰り、アンテナの調整からビデオやDVD
などの機器のの配線までやっていってくれるのは、助かるのです。

さて映画です。

この電器店の主人役になつかしや、沢田研二。
早くに母を亡くしたこの家には3人の姉妹がおり、長女に本上まなみ、次女に上野樹里
三女に新人の中村静香がそれぞれを演じています。

大きな事件が起きるようなお話ではなく、ガンコ親父と3姉妹
とりわけ父親に反発していた次女が店を手伝うことによって
徐々に父親の想い、家族の絆や愛情の深さに気づいていくといった
地味ながらほのぼのとさせるストーリーなのでした。

この家族のキャスティングが良かったです。
沢田研二も久々に存在感を示してくれましたが、3姉妹が良いのです。

本上まなみサンは長女らしい彼女本来の穏やかさ、優しさが感じられました。

上野樹里ちゃんは最近一番の売れっ子で、いろいろな彼女を見ていますが
この反抗的で不機嫌そうな表情の彼女は、絶品といえるでしょう。
序盤の彼女はホントに可愛げが無く、妹からも”サイアク”とか言われます。

そんな末娘は中村静香ちゃんでしたが、上にこういう姉二人がいたら
こういう娘になるのかなと思わせる、明るくてしっかり者のイイコでした。
次女・上野樹里との掛け合いは、なかなか楽しいものでした。

大体が関西出身の役者さんで揃えていましたので、ヘンな関西弁は
聞けなかったのではないでしょうか。

町の電器屋さんにまつわる細かいエピソードを、いかにも女性監督らしい
繊細な視線で表現してくれていました。

親父・沢田研二の浮気疑惑なんかも、トコトン追求しないのが正解でした。

ささやかながらとても暖かい家族の話で、決して悪くないのですが
ドラマティックにメリハリをつけるところが、やや過剰で中途半端に思えたところがあり
個人的には、もっと淡々としたトーンで統一してくれた方が好みだったかも。

トレンディ・ドラマ以前のTVのホーム・ドラマといった感がありましたが
こういう映画は好きです。


人気blogランキングへ
画像











この記事へのコメント

TATSUYA
2006年12月03日 00:41
初めまして、達也です。
『幸福のスイッチ』いい映画でした。
父が田辺出身なので、
方言やロケーションがとっても懐かしかったです。
上野樹里ちゃんの映画は3本ほど連続で
観たのですが、この映画の彼女はとっても
自然体でいい感じです。
小説では高校時代を描いている様なので、
ぜひとも『高校時代』の続編を観たいものです。

P.S トラバさせてくださいね。

Mr.G
2006年12月03日 02:36
上野樹里ちゃん、良かったですね。不思議な魅力のある女優さんです。「虹の女神」のリアルな感じも、月9ドラマなどでのコメディアンヌ振りも楽しく、不器用そうに見えて懐は深いようです。
またお寄りください。

この記事へのトラックバック

  • 『幸福(しあわせ)のスイッチ』

    Excerpt: 家族の絆はプラスとマイナス。くっ付いたり、離れたり。     ■監督・原案・脚本 安田真奈■キャスト 上野樹里、沢田研二、中村静香、本上まなみ、林剛史、笠原秀幸、石坂ちなみ、.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2006-11-17 17:34
  • 真・映画日記『幸福(しあわせ)のスイッチ』

    Excerpt: 10月29日(日) (前の日からのつづき) 映画館を出た後はいつものようにマンガ喫茶へ。 ナイトパックで入り、 4時間程寝る。 朝7時頃起き、 日記にとりかかる。 『明日へのチケット.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2006-11-23 19:37
  • 【劇場鑑賞130】幸福のスイッチ(しあわせのスイッチ)

    Excerpt: 小さな電器屋イネデン。儲かってはいないけれど修理はうまい。 ところが、 父が入院! 長女・瞳・・・妊娠中 三女・香・・・学生 イナデンの危機に東京から次女が帰ってきた。 次.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-11-27 21:34
  • 「幸福のスイッチ」試写会レビュー ベベチオがんばれ(笑)

    Excerpt: 幸福のスイッチ。あらためて映画を思い返すと、数々の幸福のスイッチが、オンになったんやなぁ~と感じられる。そんな映画かな。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-11-28 18:46
  • 『幸福のスイッチ』は、メード・イン関西なのだ。

    Excerpt: 樹里とジュリーが、田辺でダバタ゛! 幸福のスイッチ・高校編安田 真奈、石崎 洋司 他 (2006/09)ジャイブ この商品の詳細を見る『硫黄島からの手紙』の試写会ダブル観戦の疲れた心をほっこり.. Weblog: TATSUYAのシネマコンプレックス racked: 2006-12-03 00:41
  • 幸せ(しあわせ)のスイッチ

    Excerpt: 幸せ(しあわせ)のスイッチ公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評 Weblog: シネマ de ぽん! racked: 2006-12-10 11:35
  • 幸福のスイッチ

    Excerpt: 幸福のスイッチ  {/tv/}予告編{/tv/} 和歌山県田辺市で、電器店を営む父。儲けは二の次だと言ってお客様のために働き続ける頑固オヤジの背中を見てきた怜は、反発し、東京へと出てきていた。イラス.. Weblog: めそのたわごと racked: 2006-12-29 23:28
  • 幸福のスイッチ(映画館)

    Excerpt: 家族の絆はプラスとマイナス。くっ付いたり、離れたり。 Weblog: ひるめし。 racked: 2007-02-03 18:38
  • mini review 07055「幸福(しあわせ)のスイッチ」★★★★★☆☆☆☆☆

    Excerpt: カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 105分 公開日 : 2006-10-14~2006-12-01 監督 : 安田真奈 .. Weblog: サーカスな日々 racked: 2007-06-17 22:47
  • 映画『幸福のスイッチ』

    Excerpt: あまりにもありふれたありのままの日常なのに、なぜこんなにも感動するのか、共感してしまうのか、それぞれに個性のある三姉妹と頑固親父の暖かな物語・・ 幸福のスイッチは、いつ何処で何がきっ.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-11-28 01:50
  • ≪幸福のスイッチ≫

    Excerpt: 幸福のスイッチ ¥3,652 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/11/27) 製作年度2006年 製作国日本 上映時間105分 監督安田.. Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie- racked: 2007-12-10 16:44