映画 「NANA2」

画像



映画 「NANA2」 を観ました。

大ヒットした前作に続く続編にして、完結編という本作品。

前作は少女マンがというのはこういう世界なのか、というものを
見せてくれて、オジサンの私も映画館の片隅で小さくなりつつ
そこそこ楽しめた映画でした。

登場するバンドのメンバーも、何人かキャストが代わっていますが
一番の話題は、主人公ハチを前作の天才・宮崎あおいから受け継いだ
市川由衣ちゃんのこと。

彼女がどう頑張っても、いろいろなことが言われるのが必至な状況で
あえてこの役を引き受けたことは、本人の意向がどうであったにせよ
拍手を送るべきではないでしょうか。

このシリーズはバンド・ムービーでありますが、その何もかもが
私の知っているそれとは全く違うものであって、その現実感の無さは
見事に少女マンがの世界のものでした。

だからダメだというのではなく、むしろその逆で楽しく見られます。
バンドをメンバーからではなく、そのファンの側から見ると
こういうものであって欲しいという願望があるのでしょうか。

今作は主人公のハチを巡って、かなりシリアスでドロドロの展開と
なっていくので、前作とはかなり味わいが違いました。

ハチの行動、考え方に共感できるかというところで、この作品の
評価が分かれるところとなるでしょう。

私にはハチが理解出来ないところがありました。

演出や演技力によるものも大きいのでしょうが、この映画のハチという女の娘は
微妙で難しい役どころではあるものの、口悪くいってしまえば
独りよがりの勘違い女にして、泣いてばかりの悲劇のヒロイン気取り、
打算的でコズルイ女、としてしか見えないところがありました。

こういう見方をさせてしまうスキがあっては、よろしくありません。

「シュガー&スパイス 風味絶佳」のヒロイン・沢尻エリカの理不尽さは
仕方なく納得できるものがあったのですが、これはどうでしょうか。

片方のヒロイン・ナナは前作にも増して、男前にして実は繊細で優しいという
キャラが板についてきて、中島美嘉サン良かったです。

前作の続編として見た場合には、ちょっと戸惑うかもしれませんが
基本的には人を想いやったり、その気持ちがちょっとスレ違ったりという
切ない群像劇のラブ・ストーリーで悪くない出来に思いました。
この監督サン、手堅くまとめるのがとても上手でした。

新宿の夜景のキレイなこと、ビックリして息を呑むほどでした。
ALTA前のイベント・スペースでのライヴは、ゲリラ撮影だそうで
臨場感に溢れるものでした。


人気blogランキングへ
画像 

Mr.Gのオススメ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sakura
2006年12月28日 09:44
見てきました。中島さん、歌手なのにがんばってました!男をふらふらするなさけな~~いハチを、じつはナナが一番必要としているのですね。原作読んでいるからか、私はみて良かったです。
Mr.G
2006年12月28日 12:20
原作では揺れ動くハチの気持ちをどういう風に表現しているのか、興味のあるところですが、この映画ではちょっと微妙なところでしたね。市川由衣ちゃんは頑張っていたと思うのですが。中島美嘉サンは良かったですねえ。気持ちが伝わってきました。

この記事へのトラックバック

  • NANA2

    Excerpt: DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2006年12月9日 配給:東宝 監督:大谷健太郎 出演:中島美嘉,市川由衣,玉山鉄二 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター.. Weblog: CINEMA DEPOT's BLOG racked: 2006-12-25 22:33
  • 2007年1作目は、NANA2でした。。。

    Excerpt:  2007年1作目はくNANA2です。 Weblog: よしなしごと racked: 2007-01-07 22:59
  • NANA 2

    Excerpt: 矢沢あい 原作 の同名コミックスの実写映画化 NANA の続編となる。 出演 中 Weblog: いろいろと racked: 2007-01-14 16:40