映画 「硫黄島からの手紙」

画像



映画 「硫黄島からの手紙」 を観ました。

クリント・イーストウッドといえば、私たちの世代には「ロ-ハイド」に
始まり、マカロニ・ウェスタンを経て、その後の「ダーティーハリー」で
俳優としての頂点を極めた人であって、特に最も多感だった時期に観た
「ダーティーハリー」のハリー・キャラハン刑事のカッコ良さは
マックイーンやポール・ニューマンとも違う、寡黙な男臭さを感じる
本当の大スターでありました。

その彼がいまや監督として巨匠と呼ばれるまでになり
近年に製作した映画はどれも人間の奥深いところを
描いた傑作でありました。

最近の風貌は好々爺という感じで、往年のカッコ良さは
見る影もありませんがその経歴たるや輝かしい限りで
ハリウッドの映画人を代表する一人でしょう。

そんなイーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を観ることが出来ました。

先月に観た「父親たちの星条旗」と対になる作品であって
今作は硫黄島での戦闘を、日本側から描いたものとあって
早く観たいと思っていた映画でした。

日本軍を描いていますので、全編ほほ日本語で展開され
これは日本映画かと思ってしまうほど、違和感を感じませんでした。

西郷(二宮和也)のもとに召集令状が届き、妻との別れの場面など
私たちはこれまでの日本の戦争映画で、何度も見たようなシーンですが
アメリカ人などが見たらなんと不条理な、と思うのでしょうか。

同様に、捕虜となることを潔しとせず、壕の中で手榴弾を抱え自決したり
足の指でライフル銃の引き金を引き、自らの命を絶つ士官・西の最後の場面など
イーストウッド監督によって、玉砕覚悟の戦闘へと突き進む日本軍の
悲惨な実態が描かれていきます。

この映画、戦争のむごたらしさ、不毛さ、狂気を描いて
前作以上に思えました。

前作においては日本兵が、そして今作においてのアメリカ兵は
ただ不気味な敵そのものの存在として描かれ、家族がいて言葉を話す
人間としては登場してきませんでした。

ですが、今作では終盤近く、日本軍の捕虜となる米兵が出てきます。
その米兵は手当ての甲斐なく死亡しますが、彼が持っていた
彼の母からの手紙を、西が読み上げる印象的な場面がありました。

このシーンこそが、敵味方となって戦争を続ける日本兵も米兵も
祖国に愛する者を残す、同じ人間であると訴えるものでした。

映画は圧倒的な兵力の差から、追い詰められほぼ全滅の道をたどる
日本軍を描いていますので、悲惨にして悲劇的な死闘なのですが
そこはイーストウッド監督、通りいっぺんのものではなく、極限化の人間の
本音、不条理、心の闇を描いて、見る者の言葉をなくすようなシーンが
いくつも出てきました。

それは過去に見た戦争映画にはない、と思われるものでした。

二宮和也クンの演じた西郷という若者も、過去の戦争映画にはいない
現代的なタイプに見える男で、彼の苦悩は現代の私たちに迫るものがあり
そこが成功していたように思います。

渡辺謙さんは、栗林中将を魅力的に演じていました。
もうすっかりハリウッド・スターですね。

加瀬亮クンの存在感はお見事でした。

中村獅童さん、最後はどうなってしまったのでしょうか。

「父親たちの星条旗」と同様、非常に重い映画ですが
素晴らしい出来の作品でした。

人気blogランキングへ
画像 

Mr.Gのオススメ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

izura
2006年12月17日 01:47
こんにちは^-^
TB失礼します。
映画に出てくる兵は、みんな人間くさかったですよね。
そこがまたリアリティを出していたように思います。
Mr.G
2006年12月17日 02:00
izuraさん、TB&コメントありがとうございます。
あの日本軍の捕虜となった米兵の場面が、二部作を通してイーストウッド監督が一番言いたかったことであったような気がします。戦争に善も悪も無く、英雄もおらず、大切なのは家族や人を愛する気持ちなのだというような。
またお寄りください。
kemukemu
2006年12月29日 20:13
こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「硫黄島からの手紙」もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
由香
2006年12月30日 22:08
初めまして!
TBさせて頂きました。
戦争映画は苦手でしたが、観に行って良かったと思います。
私は、この映画で始めて硫黄島での出来事を知りました。
60年以上も経って、アメリカ人の監督によって教えられる事を不思議に思いました。
cocos
2007年01月06日 15:18
こんにちは!TBさせて頂きました。
あの戦争時、太平洋な多くの島々で同様かそれ以上の過酷な戦いが
あったのだと思うと胸を締めつけられる思いです、、、。(-_-;)
この映画の中でも感じるのは、、、、、
何の為に戦っているのか?誰の為に戦っているのか?誰が敵なのか?
誰を殺すのか?何の為に死ぬのか? 疑問だらけです。
今後とも宜しくお願い致します。
Mr.G
2007年01月06日 16:56
cocos様、コメント&TBありがとうございました。
いろいろと考えさせられる映画だったですね。二部作を通してみるとイーストウッド監督の視点が明らかになったように思います。
またお寄りください。

この記事へのトラックバック

  • こんにちわぁ!!

    Excerpt: 遊びにきちゃいましたぁ!!あたしのところも遊びにきてくださぁい!! Weblog: めぐみです!! racked: 2006-12-13 06:41
  • 覚えていますか?

    Excerpt: なんか、ああいうことされたら好きになっちゃうかも Weblog: 昨日の事は? racked: 2006-12-13 08:58
  • 今度は逆の視点!『硫黄島からの手紙』(2006年18本目)

    Excerpt:    クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二部作目だ。 一部がアメリカ側の硫黄島戦にまつわる話を描いた「父親たちの星条旗」で こちらが日本軍を描いた作品となっている。 (あらすじと内容は硫黄島.. Weblog: ON THE ROAD racked: 2006-12-13 12:17
  • 映画:硫黄島からの手紙

    Excerpt: 硫黄島からの手紙@シネマイクスピアリ 「自分が正しいと信じたことをしろ」 今年の【邦画】No.1 !!!と思ってしまった・・・(全編日本語のため各映画賞でもどの部門に該当するのかばらばらし.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2006-12-13 15:35
  • 硫黄島からの手紙(アメリカ)

    Excerpt: 日本から見た硫黄島。 二宮君の演技がいいらしいということもあってかなり気になっていた 「硫黄島からの手紙」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:渡辺謙 、二.. Weblog: 映画でココロの筋トレ racked: 2006-12-16 18:10
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: え 硫黄島からの手紙 12月9日(土)@ユナイテッドシネマ豊洲 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他 日米双方の視点.. Weblog: シュフのきまぐれシネマ racked: 2006-12-16 21:34
  • 「硫黄島からの手紙」 (米、2006年)

    Excerpt:   【「硫黄島からの手紙」公式サイト】 (C)2006WarnerBros.EntertainmentInc.andDreamWorksLLC 硫黄島プロジェクトの第1弾「父親たちの.. Weblog: 無節操ニンゲンのきまま生活 racked: 2006-12-17 01:43
  • ★「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-12-17 03:43
  • 映画「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: 原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-12-20 01:38
  • 「硫黄島からの手紙」見てきました。

    Excerpt:  この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで.. Weblog: よしなしごと racked: 2006-12-20 03:27
  • 「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」

    Excerpt: 監督 ・ 製作 : クリ.. Weblog: MoonDreamWorks★Fc2 racked: 2006-12-23 01:18
  • 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間

    Excerpt: イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2006-12-24 23:19
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 公開前からアカデミー賞の呼び声が高かったクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」。「父親たちの星条旗」に続く2部作第2弾として、日本から見た硫黄島を描いています。いまや世界的な俳優になっ.. Weblog: ニュースをよむ! racked: 2006-12-25 20:50
  • 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-12-27 09:53
  • 「硫黄島からの手紙」を観た

    Excerpt: 太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。 Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2006-12-29 21:14
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 私は戦争映画が苦手で、今まできちんと観た事がない。残念ながら『父親たちの星条旗』も未見だが、これは是非とも観たいと思い劇場へと足を運んだ。【story】1945年2月19日。米軍の上陸とともに始まった.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2006-12-30 22:03
  • 【劇場映画】 硫黄島からの手紙

    Excerpt: ≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦であ.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2007-01-03 09:24
  • 年末年始~とうとう『硫黄島からの手紙』を見に行く。さすが渡辺謙、二宮和也すばらしい!

    Excerpt: 明けましておめでとうございます。この新しい年がさらによい年でありますように心から Weblog: apple of the nariyuk's eye racked: 2007-01-03 19:48
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: {amazon}  「父親たちの星条旗」を観る前に、「硫黄島からの手紙」を 観た。「父親~」は近いうち観ると思うので、総括はまた その映画鑑賞後書きたいと思う。  国家が敵・味方を分けるが.. Weblog: 悩み事解決コラム racked: 2007-01-04 15:05
  • ● 硫黄島からの手紙 ●

    Excerpt: ▼帝国陸・海軍の陰と陽▼ 2006年日米公開の話題作、米兵視点の「父親たちの星 Weblog: MOVIE_and_GAME_and_PC_【cocos】 racked: 2007-01-06 15:10
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: ? クリント・イーストウッド監督。 ポール・ハギス製作総指揮。 スティーヴン・スピルバーグ製作参加。 クリント・イーストウッド音楽。 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎.. Weblog: 正直しんどいまいにち。 racked: 2007-01-07 03:52
  • 「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む

    Excerpt: 「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土.. Weblog: soramove racked: 2007-01-08 21:27
  • 「硫黄島からの手紙」 世界でシェアすべき作品  

    Excerpt: 公開中の映画「硫黄島からの手紙」を観賞。監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演.. Weblog: やまたくの音吐朗々Diary racked: 2007-01-21 06:57
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、 Weblog: いろいろと racked: 2007-01-21 20:34
  • 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙

    Excerpt: 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイ.. Weblog: 大腸がん手術・今は元気で稼ぐ! racked: 2007-01-25 16:24
  • 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙

    Excerpt: 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイ.. Weblog: 大腸がん手術・今は元気で稼ぐ! racked: 2007-01-25 16:28
  • ラストサムライ(いまさらですが 笑)

    Excerpt: 天気が悪い日には、部屋でのんびり映画鑑賞がいいんじゃないでしょうか(笑)その日はあまり天気が良くないから、二人でのんびり部屋でDVDでも見てのんびり過ごそうって話になりました。天気予報が、確実に雨だっ.. Weblog: 気の向くままに♪ racked: 2007-02-16 17:45
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、 Weblog: あなたに読んでもらいたい本 racked: 2007-03-09 17:05
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 「父親たちの星条旗 」と同時期に作られ、同時期に公開された クリント・イーストウッド監督の作品。 DVDで鑑賞。 2006年、硫黄島の地中から発見された数百通もの手紙。 それは61年前.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-06-16 03:37