映画 「プロジェクトBB」

画像



映画 「プロジェクトBB」 を観ました。

「プロジェクトA」のジャッキー・チェン、ユン・ピョウそしてマイケル・ホイ
の3人組が競演。ジャッキー・チェンが初めて悪役に挑んだアクションコメディ。
人のいい泥棒三人組が赤ん坊を誘拐し、自らの首を絞めるハメに陥る姿を
抜群の面白さでみせるという作品でした。

面白かったです!この映画。
確かにこの役者陣の競演は楽しみでもありましたが、いまさらという感も強く
さほどの期待をせずにスクリーンに向かった方が多かったのではと思います。

ジャッキー・チェンという人の凄さが、私にも次第に分かってきたようです。
テンポが良くて分かりやすく、万人に向けて楽しんでもらおうという精神が
伝わってきました。

それは若い頃のキレのある動きに比べれば、年を取った感は否めません。
しかしアイディアとサービス精神で、十分補って余りあるように思いました。

今回の映画はジャッキーらの泥棒三人組が赤ん坊を誘拐、その赤ちゃんを巡って
ギャングや警察などが絡んで、スッタモンダの大騒動となるというもの。

その赤ちゃんの表情の可愛いこと!
”まあ、可愛い!” ”キャー、危ない” ”可哀想、速く速く!”
恐らく大方の観客は、こう思って画面に釘付けとなったことでしょう。

普段、動物と子供の出る映画やドラマに嫌悪感を抱くことの多い私が
こう感じてしまったのですから。
確かにこの映画では赤ちゃんを奪い合って、危ない!危機一髪というシーンが
少なからず登場します。
またエンドロールでは赤ちゃんにメガネを掛けさせたり、ヒゲをつけたりするシーンも見られました。
こういう赤ん坊の扱いに、もしかすると嫌悪感を抱いた方もおられたかも知れません。

しかしこの映画を通して強く伝わったテーマは、親と子の愛情の深さであり
家族の暖かさであったりで、赤ちゃんをいとおしく思いこそすれ、でした。
きっと撮影の現場でも、あの赤ちゃんは天使のような存在であったであろうことを信じます。

役者それぞれに見せ場があり、この豪華なキャストが成功した作品でしょう。
女優さんもキレイな人で、清楚な感じがとても良かったです。
キッチリととオチもつけてくれました。面白い映画でした。

例によってエンドロールでは、NGシーンで笑わせてくれました。
頭からシッポの先まであんこの詰まったタイヤキのような、幸福感を味わえた
とても楽しい作品でした。こういう映画は貴重に思います。



人気blogランキングへ
画像 

Mr.Gのオススメ










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック