映画 「憑神(つきがみ)」

画像



映画 「憑神(つきがみ)」 を観ました。

浅田次郎の時代小説をベテラン・降旗康男監督が
映画化した作品。
この浅田×降旗コンビというと「鉄道員(ぽっぽや)」を思い出します。

今回はお江戸に生きた最後の侍を、笑いの中に
みずみずしく描き上げた作品ということでした。

舞台は幕末、下級武士の別所彦四郎(妻夫木聡)。
学問所では優秀であったが身分制度に縛られ身動きできず、
その上婿養子先から追い出され、もはや困ったときの神頼みと
拍手打った神様が悪かった。
何と現れたのは“貧乏神、疫病神、死神”の憑神様だった。

という落語か講談を思わせる分かりやすく面白い、また含蓄のある
映画で、実に楽しい映画でした。

東映の京都撮影所で撮った映画は、どこか見慣れたイメージと
TVドラマ臭さを感じてしまうものなのですが、この作品は非常に
新鮮な感覚の時代劇、幕末の映画で、正直言ってベテラン降旗監督の
若々しい感性には脱帽でした。
もちろんベテランならではの安定した演出は巧みで、
人の心の機微を描いて、観客の気持ちを掴みます。

東映時代劇の古臭いイメージは皆無の、ユニークで楽しく
大いに笑えるエンターテイメントであると同時に、浅田作品の泣きもあり
主人公の心情の変化に考えさせられる映画でもありました。

主人公・彦四郎を演じた妻夫木聡クン、やはり上手い俳優さんでした。
青年下級武士を爽やかに、あるときはコミカルに、実に自然で
魅力的に演じてくれました。

貧乏神・西田敏行はさすがの演技で観客を笑わせ、
疫病神・赤井英和がそれに続いてくれました。

しかし何といってもこの映画は、死神を演じた女の子
森迫永依ちゃんの見事な演技とその可愛らしさ。

実写版「ちびまる子ちゃん」を始め、活躍中の子役さんですので
その顔をご存知の方は多いでしょうが、この死神役は絶品でした。
美少女ではない彼女が出る場面、場面でなんとも可愛く、いじらしく
変わっていくのがたまりませんでした。

主人公・彦四郎と彼女のやり取りは秀逸なもので
この映画の最大の見所でした。二人の心情、考え方が
互いに徐々に変化し、惹かれあう様子が沁みるのでした。

他には佐々木蔵之助さんや香川照之さんなどが、いい味を出して
映画を味わい深いものにしてくれました。

笛木優子さんのエクボがステキでした。
他にもたくさんの俳優さんが出ておられましたが、先日訃報を聞いた
鈴木ヒロミツ氏が元気に出ておられました。ご冥福をお祈りします。

非常に満足度の高い作品でした。
少々端折った感のある、ラストにもう一工夫あったなら
個人的には、最高の評価をしたい映画です。
最後のオチのシーンも必要だったかな、と首をひねるものだったり・・。


人気blogランキングへ
画像 

Mr.Gのオススメ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック