映画 「蟻の兵隊」

画像


映画 「蟻の兵隊」 を観ました。

第2次世界大戦後も大陸に残り、中国の内戦に巻き込まれた
“日本軍山西省残留問題”に肉薄するドキュメンタリーです。

軍命で戦後も中国に残り、中国内戦を戦った元日本兵の奥村和一。
長い抑留生活に耐え、帰国した彼を待っていたのは逃亡兵というレッテルであり
彼は元残留兵たちと共に国を相手に軍人恩給を求め、最高裁に上告するも
棄却されるという内容でした。

この映画は残留問題を丹念に追うことで、”戦争”の狂気を浮かび
上がらせる事に成功しています。

戦争の実体験を語る人は少なく、ましてや加害者としてのそれは殆ど
語られることはないのです。そのことが諸外国から、日本は反省が不十分
だなどと批判される要因のひとつなのでしょう。

個人のレベルではそのことを責められるものではないでしょうが、日本という国は
とかく都合の悪いことには、頑なに口を閉ざしていたいらしいのです。

奥村和一が80歳という高齢にも関わらず、かつての自らの”戦地”中国を再び訪れ、
当時を振り返りつつ語られる、戦争の真実は圧巻でした。

中国の公文書院などの施設には、当時の日本軍の資料などがしっかりと保存
されていることに驚かされます。日本にあったら処分されていたかも知れません。

印象的なシーン。
中国から戻った奥村和一が、どうやらかつて軍で指導的な立場に
あった元日本兵に真実を語って欲しいと家にまで押しかけていく。
もう60年以上のことで覚えていないとその人は拒びます。

ところが彼と一緒に裁判を闘っている同士の元日本兵は、自分がかつて
中国で行った残虐な行為を殆ど記憶しておらず、奥村が中国でコピーした
本人の手記を見て思い出し、当時は茶飯事だったと回想する。
彼は中国残留は軍命だと認めようとしない国をなじって恩給を求めている。

なんとも皮肉な場面でした。

靖国神社のシーンには考えさせられるものがありました。

あっという間の101分のドキュメンタリーで、退屈など一切感じません。
こういう映画が作られたことに拍手を送りたいと思います。
テレビでも教科書でも教えてくれない事実がここには描かれています。


「男たちの大和 YAMATO 」「硫黄島からの手紙」 「俺は、君のためにこそ死ににいく」
「パッチギ! LOVE&PEACE」 などを観た方はこの映画もぜひ観てください。


人気blogランキングへ
画像 

Mr.Gのオススメ






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 井川遥が在日韓国人であることを告白!本名はチョ・スヘ

    Excerpt: ミステリアスな女性記者に扮し注目を浴びている日本最高の女優井川遥が、“チョ・スヘ”という韓国名を持った在日韓国人3世であると明かした。 Weblog: タレント裏情報24時 racked: 2007-05-24 03:02
  • 映画『蟻の兵隊』  日本軍山西省残留問題

    Excerpt:                                                                 本日、2006年、5月24日、映画『蟻の兵隊』の試写を観た。 映画『蟻の.. Weblog: 試稿錯誤 racked: 2007-05-28 18:06