映画 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」

画像



映画 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」 を観ました。

世界最大級の沖縄美(ちゅ)ら海水族館で実際に起きた出来事を基に、
人間とイルカの交流を描く感動ストーリー。
尾びれが突然壊死してしまった海水族館の人気者、バンドウイルカの
フジを助けるため、新米獣医が奔走するというお話でした。

いかにも夏向きの沖縄を舞台とする、爽やかな映像が楽しめた
海や海洋生物の好きな者には、たまらない映画でした。

沖縄美(ちゅ)ら海水族館の顔ともいえるジンベイザメや
オニイトマキエイの泳ぐ巨大水槽はもちろん、水族館の裏側を
垣間見られたのは、実にウレシイ限りでした。

更にストーリーにはあまり関係ないところで、可愛い子ウミガメの
放流なんてサービス・シーンを見せてくれました。

ストーリーは非常にシンプルですので、先の読めないドキドキ感
などはなく、また紆余曲折を何度も重ねて、というものでもなく
どちらかといえば、淡白な味わいに終始します。

母親との確執から心を閉ざす少女の存在など、いくつかのエピソードを
絡めた語り口ながら、どれも深く踏み込むことをしないのは、イルカの
フジをメインに描いたと言うより、低年齢層に受け入れられることを
意識しているように思えました。

それでも壊死した尾びれを切断したイルカのフジが、再び泳げるようにと
人工の尾びれを装着するに至る経過は、興味深く感動的でした。

なによりイルカのフジの見事な演技に目を奪われます。
またすべてのシーンが実写で、安っぽいCGでごまかしていない
ところが好印象でした。相当に粘り強く撮影されたことが想像されます。

ですのでやはり、松山ケンイチくん扮する若い獣医が
”もう一度フジを泳がせてやりたい”と訴えるのはいいものの
タイヤメーカーのブりジストンが、どうしてこのプロジェクトに
参加するようになったのかに、一言も触れないのは不自然に思います。

田中哲司さんの実直な技術者役が、実にいい感じでした。
彼をメインにしたプロジェクトX風のくだりを、もう少し掘り下げて
見たかったという気がします。
恐らくは、社内でもこのプロジェクトに賛否があったことでしょう。

こういうことは、今の小学生でも気になるところだと思うのです。

ですがラストはお約束ながら、ウルッとくること請け合いです。


人気blogランキングへ
画像 

Mr.Gのオススメ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

YUTAKA
2007年06月20日 23:08
前にもお話したかもしれませんが、生まれが沖縄で、沖縄好きでしょっちゅう沖縄に帰ってます。3月に「美ら海」に行った時、案内の方に「フジ」の話を聞きました。もうすぐ映画化されるということも。その方の話を聞いているだけで涙が出そうでした。残念ながら「フジ」は静養中との事で姿を観ることはできませんでしたが、映像は見せてもらいました。まず驚かされたのは、見事な造形技術、そして本物と見まごう程のしなやかな動き。恐るべし日本の技術!無駄に年数だけ重ねてる中国とは訳が違います!(中国はそれを歴史と呼ぶ)。そして、「フジ」はそんな神への冒涜にも似た人間の行為に明らかに感謝をしているような態度を目いっぱい示していました。この夏また行きますので今度は彼の雄姿をこの目に焼き付けて帰ってきます。この映画の絶対観たい!!
Mr.G
2007年06月21日 02:50
YUTAKAさん、長文のコメントありがとうございます。
映画のなかでも”こんなことしてフジは喜んでいるのか?!”という葛藤が描かれていました。(実はこのくだりでもフジの感動的な演技!を見ることが出来ます)
YUTAKAさんなど、この映画を観たら沖縄へ飛んでいきたくなること請け合いです。松山ケンイチくんがブリジストンのレーサーで疾走するシーンがやたらと気持ちよさそうなんです。

この記事へのトラックバック

  • セクシーボイス アンド ロボ

    Excerpt: ドラマ最終回 松山ケンイチ主演ドラマ 主題歌 みつきの新曲「ひとつだけ」 Weblog: セクシーボイス アンド ロボ racked: 2007-06-19 22:49
  • 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』

    Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:]           2007/07/07公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 癒し度[:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:].. Weblog: アンディの日記 シネマ版 racked: 2007-07-31 22:36