映画 「ベクシル 2077 日本鎖国」

画像



映画 「ベクシル 2077 日本鎖国」 を観ました。

『ピンポン』で長編デビューを果たし、『APPLESEED アップルシード』を
プロデュースした曽利文彦によるSFアニメ超大作。

21世紀初頭、世界市場を独占した日本のハイテク技術は危険視され、
国際規制の対象となった。 これに猛反発した日本は国連を脱退し、
鎖国を強行。それから10年間、ハイテクを駆使した完全なる鎖国により
日本の実像は厚いベールに隠された、という物語。

この設定は興味深いと思うのですが、近未来SFモノというと
何故か似たようなものが多いように感じます。

この作品にしても、私が面白いと感じていた最初の設定の部分
(如何に日本が2067年、鎖国をするに至ったのか)ということは
全く触れられず、一部のレジスタンスと巨悪が戦うという
お決まりのパターンが描かれているのが、少々不満に思うのでした。

ただの戦闘シーン、アクション・シーンがメインの映画であれば
時代設定などは、あまり関係がなくなってしまうのです。

主人公べクシルは、鎖国下の日本に潜入したアメリカの特殊部隊
ということでしたが、何故彼らは日本語を話しているのでしょうか。

英語の会話であるはずの部分は、きちんと吹き替えで日本語字幕を
付けてくれないと、ストーリーが分かりにくくて混乱するばかりです。

3Dライブアニメというものらしいのですが、動きが滑らかなところと
カクカクしたところが混在しているのは、予算の問題なのでしょうか。

良かったのは、後半のバギーの疾走シーンのスピード感の凄さ。
これは、今までに体験してきたものすべての上を行く出来のもので
観ているだけで爽快感を得られるように思いました。

でもやはりスケールの大きい話でありながら、悪党側が弱くて
お話自体があまり魅力的で無かったように思います。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック