映画 「遠くの空に消えた」

画像



映画 「遠くの空に消えた」 を観ました。

『春の雪』の行定勳監督が7年間温めてきた物語を映画化した感動作。
平和な田舎町で空港建設をめぐる大人たちの争いに巻き込まれながらも、
たくましく生きる子どもたちが起こす小さな“奇跡”を描く。

ちょっと懐かしい感じのする、ファンタジックな映画ということで
私の好きなジャンルの作品である筈でした。

確かに少々長尺な作品ながら、退屈することなく楽しく観られましたが
話が進むうちに、微妙な違和感というか、物足りなさを覚えてしまう映画に、
私には思えてしまいました。

空港建設に揺れる平和な田舎町に、奇妙な大人たちが多く登場します。
しかしその描かれ方は、とてもステレオタイプで、通り一遍に思えて
さまざまなエピソードも深く語られることがなく、淡々と過ぎていきます。

これは”児童ファンタジー”であるという文字を見て、ふとこの映画は
少年たちの視線で語られているのだということに気が付いて、なるほど
大人たちの個々のエピソードは、彼らの見た世界であったのかと
納得できたのでした。

であれば、肝心の子供たちの世界はどう描かれていたのか、というと
好き嫌いの問題でもあるのでしょうが、私にはピンときませんでした。

個々のシーンには、微笑ましいもの、懐かしく思うもの、キレイで
幻想的なものがあったのですが、散文的に過ぎた感がありました。

俳優さんたちは、実に贅沢な布陣で、それぞれ持ち味が生きていました。

しかしそれにも増して、主役の三人の演技が見事でした。
恐らくジュブナイルものに出演するのは、年齢的に最後かと思われる
神木隆之介クンも大後寿々花ちゃんも、さすがの演技、表情を見せてくれました。

しかし彼ら以上の存在感を示してくれたのが、ささの友間クン。
都会的な神木クンと好対照な、これほどランニングと半ズボンが似合う
素朴なルックスの少年を、表情豊かに演じて見事でした。

彼の全力疾走は見ものです。
彼はあの笹野高史氏の息子さんだそうで、なるほどと思いました。

彼、公平らが検便の提出を忘れ、牛の糞を代わりに出していました。
その後の顛末が気になります。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『遠くの空に消えた』

    Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:]       2007/08/18公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 空想度[:きのこグリーン:][:きのこグリーン:][:きのこグリ.. Weblog: アンディの日記 シネマ版 racked: 2007-09-05 16:32
  • 「遠くの空に消えた」 「子供力」とは何か?

    Excerpt: 昨日、日頃ブログでお世話になっているノラネコさんにお誘いいただき、「遠くの空に消 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-09-30 17:22