映画 「ワン・ミス・コール」

画像



映画 「ワン・ミス・コール」 を観ました。

三池崇史監督、柴咲コウ主演のホラー映画、
『着信アリ』のハリウッド・リメイク版。

携帯電話に持ち主本人の断末魔の声が録音され 、
まもなく死に至るという怪奇現象を描いたオリジナルの
ストーリーを基に、西洋的なエッセンスを加えて脚色。

メガホンを取ったフランスの新鋭、エリック・ヴァレットが、
幻想的な映像を用いてさまざまな仕掛けを演出した。

ヒロインは『カタコンベ』のシャニン・ソサモン。
ハリウッド風にアレンジされたラストにも注目したい。

------------------------------------------------------

そろそろ夏本番です。
強力なホラーで、背筋をぞーっとさせてみたい気がします。

オリジナルの『着信アリ』は3作つくられていて、
私はいずれも見た記憶がありますが、やはり三池監督の
一作目が一番面白かったように思います。

しかしどんな話だったのかは、ほとんど忘れていましたが、
今回この作品を見ながら、そうそうこんな話だったと
記憶を呼び起こしてくれて、ちょっと不思議な感覚なのでした。

オリジナルに少々ひねりを加えたり、話を膨らませたりなどして
それなりにツボを抑えた出来には思うものの、どうしてか
肝心の”怖い”という感覚が、希薄に思うのでした。

やはりリメイクですから、ストーリーが新味に欠けるのは
致し方ないとして、話自体はよく出来ていると思うのに
その見せ方、盛り上げ方が凡庸に思えてしまったのでした。

主役のヒロインを始め、怖い目に合う女優さんにあまり魅力がなく
またキレイに撮ろうと腐心したような感じもないのです。

ここをキチンと押さえていないとホラーはつまらないのです。
折角の恐怖メイクも霞んでしまうのです。

いわゆる見せ所のショック・シーンも、昨今のホラー映画に比べると、
少々お上品で、えげつなさも物足りない気がしたのでした。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Bibbidi-Bobbidi-Boo
2008年07月09日 20:07
「キチンと押さえていないとホラーはつまらない」強く同感!!

どちらかと言うと古典的なホラー映画が好きなんですが、どーも最近は怖くてトイレに行くのを躊躇う…なんて言う涼しい体験が出来なくなって来たなあ。ワシに免疫がついたのか…映画のせいか… 

ああっ、ゾクッと来るホラーが見たい…
Mr.G
2008年07月09日 23:42
最近はショック映像を大音量とともに見せて驚かすといったものばかりが多くて、ゾクッと来るようなのは少ないですねえ。観客の側にも想像力が乏しくなってきているのかもしれません。
また”怖い”という感情も泣きや笑い以上に人それぞれで、万人が満足するようなものは、益々難しくなってきているのでしょうか。

この記事へのトラックバック

  • 『ワン・ミス・コール』

    Excerpt: 虎ノ門のニッショーホールでの『ワン・ミス・コール』のジャパンプレミアに行ってきました。 というか、ジャパンプレミアだったことに行くまで全く気付いていなかった自分。ただの試写会かと思ってた。。。 小.. Weblog: cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-07-09 09:52
  • 【2008-160】少林老女 SHAOLIN BABA 評価:★★★

    Excerpt: ... 「少林老女」というタイトルから、柴咲コウ主演で公開された「少林少女」のパ... Weblog: 柴咲コウの秘密 racked: 2008-07-09 10:58
  • 真・映画日記『ワン・ミス・コール』

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 7月8日(火)◆860日目◆ 午後5時40分に終業。 この日は『ワン・ミス・コール』のジャパン・プレミアム。 場所は虎ノ門の「ニッショーホール」.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2008-08-09 17:10