映画 「カンフーダンク!」

画像



映画 「カンフーダンク!」 を観ました。

大学バスケットチームに入部した超人的な身体能力を持つ青年の活躍を、
ワイヤーアクションや最新のVFXを駆使して描くアクション・コメディー。

主演は、アジアのスーパースター、ジェイ・チョウが務め、
豪快なダンクシーンを披露する。

さらにチェン・ボーリン、エリック・ツァンらが競演し、
スタッフにはハリウッドの特殊効果チームが参加。

今までにないカンフーと壮絶なダンクシュートの融合は必見。

--------------------------------------------------------------------

北京五輪の影響もあってか、カンフー絡みの作品を
見る機会が続いてありました。

そういえば今年は、例年以上に中国の映画を観たような気がします。

さて今日は「カンフーダンク!」です。
「少林サッカー」のバスケ版のような作品なのでしょうか。

結論から言ってしまうと、私には合わない映画でした。

一言でいえば、アイドル映画というべき作品で
もちろん、そのことが悪いというのではないのですが、
いくらイケメンを揃えたって、オヤジには面白い筈もありません。

それに主演のジェイ・チョウは、俳優としてよりむしろ歌手として
実績、評価の高い人のようで、画面ではイマイチ華がない感じがします。

ストーリーはテンポよく進んでいきますが、日本のケータイ小説の如くに
次々と事が起きるものの、心に引っかかるものはないのです。

何も考えずにボーっと見ていられて、そこそこ面白い
という映画ではありました。これこそアイドル映画でしょうか。

カンフーとスポーツの融合、という点で「少林サッカー」は
大変楽しく見られましたが、正直言ってもういいという気にさせられました。

ありえない、という場面がちっともワクワクさせてくれないのです。
これは、相当お金の掛かったクライマックスのシーンにても同様でした。

いくら最新のVFXを駆使した映像といえども、それはやはり
ドラマを盛り上げる手段でしかないと言うことなのでしょう。

ヒロイン役シャーリーン・チョイの、メガネをかけた顔がとても可愛いかったです。
ラストでメガネを取って笑顔を見せてくれましたが、
メガネをしていたほうが、数段可愛かったように見えました。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ルンメイ
2008年08月14日 11:58
はじめまして(^o^)
主演ジェイ・チョウは音楽界ではスーパースターで、
売り上げは1,400万枚強、台湾芸能部門長者番付一位、
米国『TIME』誌の表紙も飾っています。
本来はピアノ弾きで、バラードからRAP,ROCKまで操り、
かなり面白い音楽をやっています。

『王妃の紋章』主題歌
http://jp.youtube.com/watch?v=FCbQAf213gc

リア・ディゾンや元メガデスのマーティ・フリードマンも彼の大ファン
→ http://jp.youtube.com/watch?v=txxr7nc6uIc
Mr.G
2008年08月17日 01:06
ルンメイさん、コメントありがとうございました。
『王妃の紋章』の彼の方が、役者としては魅力的だと思いました。
ラストに流れた歌は、確か彼の曲なんでしたね。

この記事へのトラックバック

  • 『カンフーパンダ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「カンフー・パンダ」□監督 マーク・オズボーン、ジョン・スティーヴンソン □脚本 ジョナサン・エイベル、グレン・バーガー □キャスト(声の出演) ジャック・ブラック、ジャッキ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-08-13 07:06