映画 「デス・レース」

画像





映画 「デス・レース」 を観ました。

脱獄不可能の刑務所で繰り広げられる、“死のレース”へ
出場を決意する男の試練を描くアクション・ムービー。

インディペンデント映画で有名な、ロジャー・コーマンが手掛けた
1975年の『デス・レース2000年』を『バイオハザード』シリーズの
ポール・W・S・アンダーソン監督が現代的なアレンジでリメイク。

主演は『トランスポーター』シリーズのジェイソン・ステイサム。
流血とスピードと破壊が支配する壮絶なレースシーンに圧倒される。
                       (シネマトゥデイ)
-----------------------------------------------------

いやー、楽しかった。

こういうしょーもない(!?)ストーリーを、本気で
お金掛けてやってしまう、ハリウッド映画は素晴らしい。

もともとのオリジナルは、バカバカしく
モラルのかけらもないロジャー・コーマンの怪作でした。

こちらも少々エゲツないところもありましたが、
きっちりハリウッド映画に仕上がっていました。

主演は今や肉体派の代表、ジェイソン・ステイサム、
この人のハンドルを握る姿が、実に決まっています。

理解に苦しむ難解な映画や、甘ったるい恋愛映画、
奇跡ばかりの難病映画等々、すべてこの映画のパワーで
吹きとばしてもらいましょう。

たまにはこういうお下品な映画でストレスを解消しましょう。

ボーッと見ていても楽しいです。
とんでもない重装備で戦闘仕様の車がレースをするだけです。

その壮絶なレースシーンが見もので、えらく派手なのに
妙なCG臭さを感じさせないところが見事でした。

上映時間105分があっという間でした。

ラストは、あえてB級テイスト溢れるお気楽モードのエンディング。
思わずニヤリの出来映えでした。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック