映画 「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」

画像





映画 「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」

大ヒット・ゲーム「ストリートファイター」の人気キャラクター、
チュンリーを主人公にしたオリジナルストーリーを映画化。

美しく強い“ストリートファイター”となったカンフー好きの
ヒロインが、さらわれた父を助けるべく犯罪組織に立ち向かう。

監督は『ロミオ・マスト・ダイ』のアンジェイ・バートコウィアク。
主演は「ヤング・スーパーマン」シリーズのクリスティン・クルック。

キュートだが屈強なヒロインの華麗なるアクションに注目だ。
                          (シネマトゥデイ)
-------------------------------------------------

TVゲームをほとんどやらない私ですら、「ストリートファイター」の
名前ぐらいは知っていました。

そんな私が言うのもナンなのですが、この映画は正直言って
あまり面白くありませんでした。

きっとこのゲームのファンは憤懣やるかたないと思ったでしょう。

なんというか、ちっともワクワクさせてくれません。
90分のコンパクトな映画ながら間延びしてしまった感じでした。

一応製作国はアメリカとなっていましたが、タイあたりの
それも飛び切りマイナーなプロダクションが作っているかに思えます。

ストーリーが凡庸で、人物描写が薄っぺらな上に、肝心の
アクションも取り立てて見るべきものは無いように思えました。

ヒロインのクリスティン・クルックは、撮り方によって
もっと魅力的に描けたような気がしてしまって残念です。

他の登場人物も皆、敵も味方もどうにもいけません。
特にインターポールの刑事など、中途半端に過ぎました。

とにかく全般的にチープな印象が拭えません。

だいぶ辛口になってしまいましたのでこの辺で・・。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック