映画 「武士道シックスティーン」

画像






映画 「武士道シックスティーン」

誉田哲也原作のベストセラー小説を映画化した青春スポーツ・ドラマ。

対照的な二人の女子高生が、剣道を通して成長していく姿を描く。

かたや剣道一筋、かたや剣道をエンジョイする女子高生をそれぞれ演じるのは、
『罪とか罰とか』の成海璃子と『ハルフウェイ』の北乃きい。

『さよならみどりちゃん』『奈緒子』など青春映画を数多く手掛ける
古厩智之がメガホンを取る。

両ヒロインのみずみずしい魅力と確かな演技力に注目だ。
                           シネマトゥデイ
---------------------------------------------------------

とても楽しい映画でした。

こうしたスポーツを絡めたいわゆる青春モノというのは、
それこそ星の数ほど映画やドラマになっているのですが、
その中で、新鮮さを出すことは大変なことなのでしょうが、
古厩監督は女の子の心情描写が、いつもとても上手くて感心します。

私は古厩監督の「ロボコン」という作品がとても好きなのです。
主演の長澤まさみは、この後数多くの映画で主演を張っていますが、
この映画のまさみちゃんが、いまでも一番好きかも知れません。


さて「武士道シックスティーン」。

本作では成海璃子ちゃんと北乃きいちゃんが共演。

この二人がまるっきり対照的な女子高生を演じてくれています。

ふたりとも若いながら、とても才能豊かな女優さんなので、
この映画でも監督の意図するところを、素晴らしい感性で演じます。

幼い頃から剣道一筋で勝ちにこだわる、武士の如き成海璃子。
剣道が好きで、勝ち負けより剣道を楽しむナチュラルな北乃きい。

この二人の真っ向からの絡みは、見応えのある楽しいものでした。

大いに笑わせてくれ、キュンとさせてもくれました。

ふたりの対照的で際立った個性が、それぞれを互いに引き立たせ、
またそれぞれが互いを見つめ合うことで、自分にないものを得るという
青春映画の王道の成長物語をごく自然に見せてくれていました。

映画は、ほぼこの二人を中心に描いたことが成功だったと思います。

ありがちな、ライバルの敵役とかイケメン男子との恋愛話などを
出さなかったことで、実にスッキリと無駄がなく退屈せずに見られました。

まあ、なんといっても成海璃子、北乃きいという二人の女優さんの
みずみずしい魅力に溢れた作品でした。もうそれだけで十分すぎるほど。

二人の剣道の試合のシーンも素人目には全く問題なし。

成海璃子ちゃんの気合の叫びはアッパレでした。流石です。

北乃きいちゃん、キリッとした表情も笑顔もサイコーです。

ラストも実に上手く纏めてくれて、後味爽やかな映画でした。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック