映画 「白いリボン」

画像









映画 「白いリボン」

『ファニーゲーム』『ピアニスト』などのドイツの鬼才、
ミヒャエル・ハネケ監督によるクライム・ミステリー。

第一次世界大戦前夜のドイツ北部の村で起こる不条理な出来事と
子どもへの体罰から人間の心の中に潜む残酷な部分を浮き彫りにする。

出演は『善き人のためのソナタ』のウルリッヒ・トゥクール、
『ベルリン、僕らの革命』のブルクハルト・クラウスナー。

冷徹で人を不快にさせるといわれるハネケ監督が、
どんな手法で観客の度肝を抜くのか注目。
                        シネマトゥデイ
-------------------------------------------------

なんという後味の悪い、シンドい映画でしょうか。

ミヒャエル・ハネケ監督による、いかにもドイツ映画らしい
人間の闇、退廃と背徳を描いた映画です。

いわゆるハリウッド映画のようなカタルシスは全く得られない、
美しいモノクロによる144分の作品でした。

ドイツ北部の小さな村に蔓延している、息が詰まる「原理主義」の恐怖、
不信や欺瞞や悪意が画面全体に横溢するエピソードが連綿と続いて
映画の鑑賞者に相当な忍耐を強いること必至です。

とりわけ封建的な家父長制の下、教育という名の暴力に支配される、
表向きは従順な態度を示す子供たちは、不気味にすら映ってきます。

大人たちの愚かさや矛盾に満ちた世界を、冷静に見つめてきた
子供たちの蓄積された不満や鬱屈が、いろいろな形で噴出するのです。

次々と起こる不可解な事件の犯人は誰かということは
明らかにされることはありません。

強い者は弱者を迫害し、弱者はさらに弱い者や、やり易い犯行で
うさを晴らす。そんな構図が見えてきます。

この映画でハネケ監督は、ファシズムが醸成される
土壌を描いたと言われています。

この映画に登場した子供たちが、やがて成長して大人になり、
ヒトラーに心酔するようになる年代であるのです。

ここに描かれた村の空気の中で育った子供たちであれば、
さもありなんという気にさせられます。

この映画の語り部である教師の存在が気になります。

彼はこの村での出来事を客観的に見つめ、すべてのことに
当事者ではなく傍観者で居続けていたようでした。

彼の冷静過ぎる視線が不気味にも思えます。

彼の恋人になる娘の名がエヴァであって、ヒトラーの愛人の名と
同じであるというのも意味深なところでした。























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

日本インターネット映画大賞
2010年12月27日 00:23
突然で申しわけありません。現在2010年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/20(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)

この記事へのトラックバック

  • 白いリボン

    Excerpt: 『ピアニスト』『隠された記憶』のミヒャエル・ハネケ監督最新作。昨年のカンヌ国際映画祭のパルム・ドール授賞作品だ。第一次世界大戦直前の北部ドイツの村を舞台に次々と起こる不可解な事件と、そこに暮らす人々の.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-25 20:44
  • 白いリボン/Das weisse Band/Eine deutsche Kindergeschichte

    Excerpt: ランキングクリックしてね Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-01-04 09:35
  • 白いリボン

    Excerpt: 第一次世界大戦前、ドイツ北部の小さな田舎町。 地主である男爵が支配するこの町で、不可解な事故が次々と襲い掛かる。 プロテスタントの教えを信じる村人たちは疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-01-21 19:10
  • 映画「白いリボン」その白いリボンが象徴するものは?

    Excerpt: 「白いリボン」★★★★ クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、 フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ、ブルクハルト・クラウスナー出演 ミヒャエル・ハネケ監督、1.. Weblog: soramove racked: 2011-01-23 19:21
  • 『白いリボン』 恋の行方も?

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こ... Weblog: 映画のブログ racked: 2011-01-30 12:22
  • 「白いリボン」

    Excerpt: 「黄色いリボン」っていうジョン・ウェインの西部劇があったな。 知らない。 「黄色いリボン」っていう桜田淳子の歌もあった。 知らない。 知らないとは言わせないぞ。お前だっていい年なんだから。 このリボ.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2011-01-30 23:10
  • 『白いリボン』

    Excerpt: '10.12.22 『白いリボン』@銀座テアトルシネマ rose_chocolatさんのお誘いで見に行く! 共通のお友達migちゃんが大好きなハネケ作品。気になってたのでもちろん行く! *ネタバレ.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2011-02-04 00:17
  • 白いリボン(2009)☆★DAS WEISSE BAND

    Excerpt: 美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音 京都シネマにて鑑賞。公開2日目でしかも日曜日、その上第1回目の上映ということもあってか、多くのお客さんでロビーは賑わっていました。1時間前に行った.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-02-07 23:51
  • 『白いリボン』

    Excerpt: この村に息を殺して潜んでいるものは、 悪意と嫉妬と猜疑心、不信と不穏と不和不調。 歴史的過ちへの贖罪か、糾弾か。 記憶の乖離への警鐘か。 それとも未来へのサンプルなのか。 『白.. Weblog: racked: 2011-02-09 16:12
  • 映画『白いリボン』を観て

    Excerpt: 11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1.. Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2011-02-28 23:08
  • 『海の沈黙』『白いリボン』:モノクロ、ドイツ、戦争の2本立て @名画座

    Excerpt: キネカ大森にて鑑賞です。名画座としてはトップクラスのラインナップを連発している感があります。 鑑賞から1週間、じっくりレビューを書こう・・・と思いましたが、映画の出来栄えをうまく伝えられるか、自信が.. Weblog: りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど racked: 2011-05-22 22:42