映画 「ウッドストックがやってくる!」

画像






映画 「ウッドストックがやってくる!」

エリオット・タイバーとトム・モンテ原作の
回想録「ウッドストックがやってくる」を
『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化。

1969年の夏、ニューヨーク州の田舎町に
ウッドストック・フェスティバルを誘致した青年の奮闘を描く。

心優しい主人公に、新星のディミトリ・マーティン。

強烈な母親を、『ハリー・ポッター』シリーズの
イメルダ・スタウントンが怪演する。

今でも語り継がれる伝説の野外コンサートに血が騒ぐ。
                    シネマトゥデイ
-------------------------------------------

ウッドストックと聞くと、なにやら心がざわついて
あの時代ならではの混沌と熱狂を懐かしく思い出す世代です。

そんな私のようなオヤジ世代には、この邦題は巧いなあ、
と思います。とっても気になる映画の一つでした。

これといった産業も名所もない、閉塞感漂うニューヨーク州の田舎町で、
いまでいう町おこしのためにコンサートを誘致した青年のお話。

とんでもない規模となっていったフェスティバルの開催に向けて
地元の人達を巻き込むコメディータッチのドタバタが描かれます。

ですがそこはアン・リー監督、お気楽なコメディーに終始することなく、
このフェスティバルに関わる人物の描写が実にしっかりしていました。

あの伝説のフェスティバルの裏で繰り広げられた
ある家族のほろ苦く切ない家族のドラマの映画でした。

これはコレで大変興味深く面白かったのですが、
コンサートに向かう人や車の大行列や観客の様子は出てきますが、
コンサート自体は一瞬たりとも登場しません。

そのつもりで見ない人は肩透かしかも知れません。

コンサートの音は、誰の演奏かも判別不能なほど遠くに聴こえます。
ジャニスやジミ・ヘンがガンガン挿入曲で流れることもありません。

こんな強力な楽曲が大音量でこられたら、ドラマに
集中出来ないだろうし、これでいいのかなと思い直しました。

ウッドストックといって、私が一番印象的に思っていたのが
アコギ一本でパワフルに歌っていたリッチー・ヘブンス。

彼の”Freedom”がエンドロールで流れていました。

この映画を見て家に戻り、早速このDVDを取り出しました。
”ウッドストック~愛と平和と音楽の3日間~”

























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

miig
2011年01月13日 02:35
こんばんは、TBありがとうございます☆

ライブが出るものだと思っていたのでまさに肩すかしでした、、、、
Mr.G
2011年01月14日 03:37
そうですよねえ。
私もせめて当時の音楽がガンガンに流れるような
映画を期待していたので、そこは残念な気がしました。
きさ
2011年02月09日 21:32
今日見ました。
ちょっとテンポはゆっくりで、冒頭は眠くなりました。
でも主人公がウッドストックを誘致しようとして動き出してからは面白くなります。
確かにコンサートはほとんど描かれないので、そこはちょっと肩すかしですが、おそらく権利関係で描くのが難しかったんでしょう。
個人的にはジミヘンやジャニス・ジョップリンのそっくりさんを出してステージを再現して欲しかった気もしますが。
主人公の家族との葛藤はなかなか良かったです。
Mr.G
2011年02月10日 00:56
きささん、コメントありがとうございます。
主人公の家族のドラマはなかなか良かったですね。
コンサート自体の模様こそ出てきませんでしたが、その雰囲気や当時の空気感などは見事に表現されていたように思います。

この記事へのトラックバック

  • ウッドストックがやってくる! / TAKING WOODSTOCK

    Excerpt: ランキングクリックしてね Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-01-12 22:01
  • ウッドストックがやってくる!・・・・・評価額1600円

    Excerpt: 伝説のビハインド・ザ・シーン。 1969年8月15日から3日間に渡って繰り広げられた、愛と平和と音楽の祭典、ウッドストック・フェスティバル。 50万人近い観客を集めたこの元祖夏フェスの会場が、名称.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2011-01-23 01:55
  • ウッドストックがやってくる

    Excerpt:  『ウッドストックがやってくる』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)この映画は、題名からすると、1969年に開催された「ウッドストック・フェスティバル」を描いたもののように思ってし.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-02-02 22:13