映画 「幸せの始まりは」

画像









映画 「幸せの始まりは」

ソフトボール選手として20代のすべてをチームにささげた
ヒロインが31歳にして戦力外通告を受け、新たな出会いや
人生を求めて幸せ探しに奔走するラブストーリー。

『愛と追憶の日々』のアカデミー賞監督ジェームズ・L・ブルックスが、
アカデミー賞女優リース・ウィザースプーンを主演に迎え、
最悪の人生から脱却しようとするアラサー女性の姿をリアルに描く。

オーウェン・ウィルソン、ジャック・ニコルソンら
名優たちの助演も見逃せない。
                          シネマトゥデイ
----------------------------------------------

いかにも女性の好みそうな王道のラブコメでした。

オヤジの私としては なんだかなあという感じで
最初のうちは見ていましたが、なかなか良く出来た映画に思えました。

こういう映画は、やはりハリウッドに一日の長があります。

愛情表現が積極的でストレートなアメリカならでは、というだけでなく
主人公達の置かれた状況やら、その出会いとかに工夫がありました。

ちょっとその設定とかは、凝り過ぎてテンポが悪くなったという感も
なくはないのですが、なかなかスンナリといかないもどかしさも
ラブコメの常套手段といえるのでしょう。

基本的に悪党が出てこない映画でしたので安心して見られます。

リース・ウィザースプーンも“ラブコメの女王”と言われる人で
十分に魅力的だとは思いますが、「キューティ・ブロンド」の頃に
比べると、やっぱりちょっとお年を召された印象を受けました。

ポール・ラッドの秘書役の女性の出産時の病室のシーンが秀逸で、
大いに笑わされて、ジンワリとさせられました。

さすがの風格、ジャック・ニコルソン。

この人なら詐欺で罪に問われても、そんな窮地ぐらい
なんとかしてしまいそうな気がするのでした。

劇中とエンドロールで使われた、コッテリ系のラブソングは
Teddy Pendergrass の ”Turn Off The Lights” でした。























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 幸せの始まりは

    Excerpt: 幸せの始まりは ★★★★☆(★4つ) 試写会に当てていただきました。いつもありがとうございます。 そして!そして!! よかったです~ ラブコメと思ってたら、意外としっかりしたストーリーで共感で.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-02-12 13:36
  • ■映画『幸せの始まりは』

    Excerpt: 30歳過ぎて、これまで一生懸命やってきたことからハシゴを外されて、「今って人生の中で最悪の時…」と思っている元アメリカ代表のソフトボール選手が、この映画『幸せの始まりは』の主人公です。 個人的に.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-03-19 00:40
  • 「幸せの始まりは」 本音を話す、本音を聞く

    Excerpt: リサはアメリカ代表にもなったことのあるソフトボール選手。 けれども30代になった Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-08-20 06:47