映画 「漫才ギャング」

画像








映画 「漫才ギャング」

自身の自伝的小説を映画化した『ドロップ』で監督デビューを果たした
お笑いコンビ品川庄司、品川ヒロシの監督第2作。

売れない漫才師が留置場で出会った不良と漫才コンビを結成して
巻き起こす騒動や友情、そして彼らの成長を描く。

ボケ担当の主人公には、『ROOKIES』シリーズの佐藤隆太、
ツッコミ役の相方には『クローズZERO』シリーズの上地雄輔、

主人公の元彼女に『フライング☆ラビッツ』の石原さとみがふんする。
品川監督の指導のもと、佐藤と上地のコンビが披露する本格的な漫才シーンに注目。
                             シネマトゥデイ
----------------------------------------------------------------

品川ヒロシの監督第2作です。

今回も自作小説の映画化ということで、
まずはそこがスバラシイ、大拍手です。

映画の出来も前作以上に仕上がっていたように思えます。

前作同様特徴的なのは、セリフの多くが漫才の間で語られ、
多くの場面は深夜のバラエティのコントのように演じられます。

これが監督の持ち味であり、得意分野であることから
大いにこの路線で突っ走ってもらっていいと思います。

本作も監督の人脈からか、多くの芸人さんが登場します。

そして主役は漫才師というこの作品ですが、
佐藤隆太、上地雄輔という人気の二人が主演というのも
なかなか見事なキャスティングと言えるでしょう。

ストーリーはシンプルで他愛のないものでしたが、
これも判りやすさを身上としているのでこれでよし。

名のある映画祭で賞を狙うような作品ではないのです。

大いに笑わせてもらいました。

若い女性あたりがメインのターゲットだと思うのですが、
それには暴力的な描写を少し控えた方が良かったかも・・。





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「漫才ギャング」 緩急自在のテンポが心地よい

    Excerpt: 品川ヒロシさん、「ドロップ」に続く監督第二作目になります。 実は「ドロップ」は未 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-04-07 21:14
  • 漫才ギャング

    Excerpt: 自身の自伝的小説を映画化した『ドロップ』で映画監督デビューを果たした お笑いコンビ品川庄司のおしゃべりクソ野郎こと品川ヒロシの監督第2作。 売れない漫才師がひょんなことから留置場で出会った不良と漫.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-04-14 01:16