映画 「八日目の蝉」

画像







映画 「八日目の蝉」

誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、
角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。

監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。

誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ、愛人の娘を誘拐する女性に
永作博美が扮するほか、小池栄子や森口瑤子、田中哲司など実力派俳優が勢ぞろいする。

                               シネマトゥデイ
-------------------------------------------------------------------

これは見応えのある作品でした。

かなり壮絶で濃厚な物語でしたが、無理やりな感じや強引さを感じさせない
ストーリーの展開にグイグイと引き込まれていくようでした。

昔から、生みの親と育ての親の間で悩み葛藤する子の話というのは
よくあるものではあったものの、本作では不倫相手の女が本妻の娘を
誘拐して育てるという、なんとも罪作りで悲しいものなのでした。

作家というのはなんと残酷なことを考えつくのでしょうか。

どう転んだとしても誰も幸せにはなれないような悲惨な状況。

誘拐犯に4年の間愛情一杯に育った娘は、実の両親の元に戻っても
心を閉ざしたまま、もはや普通の親子にはなりえない。

そんな娘の態度に悩み苦しみ続ける実の母。

本当に悲しくなってしまうような描写のひとつひとつに対して、
どの場面も”うーん、その気持分かる、分かるけど・・・”と思います。

女性ならば、なおさらそういう気持ちになるかも知れません。

そもそも一番悪いのは浮気するのに避妊をしない男の方ですが、
それを拒めない女の方にもあるいは打算があるのでしょうか。

逃避行中の小豆島の海沿いの小さな公園で戯れる二人の姿は、
この上なく平和そうで、それでいてこの幸せな時間は長く続かないことを
予感させるような、切なくも美しいシーンでした。

ちょっとしたことから誘拐犯は逮捕されますが、もしあのまま
ずっと二人の暮らしが続いていたらどうなっていたでしょうか。

それでもいつかは娘は真実を知ることになるでしょう。
いろいろと考えさせられる映画でもありました。

心を閉ざしたまま成長した娘は、かつて住んだ小豆島を訪れ、
その懐かしい風景や写真館で撮った写真に愛されて育った過去の記憶を呼び戻す。

彼女の心が再生する一歩を踏んだところがラストシーンでした。

いつしか必ずこの二人が再会することがあるでしょう。


キャスト陣は皆さん適材適所の好演でした。

余貴美子さん、田中泯さんの存在感はさすがでした。

永作博美さんもいつも以上の素晴らしさでしたが、
井上真央ちゃんの新境地の演技には唸らされました。

彼女の役への入り込み方は見事でした。役者さんてのはスゴイものです。























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 八日目の蝉

    Excerpt: 直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-05-01 18:05
  • 八日目の蝉

    Excerpt: 角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-05-02 00:02
  • 歌姫復活!中島美嘉新曲「Dear」ライブ視聴(フル試聴)!井上真央主演、映画「八日目の蝉」主題歌!涙

    Excerpt: 『一日も早くみなさんが元気を取り戻し、 復旧復興することを心からお祈り申し上げます。中島美嘉・スタッフ一同』 ----- 着うた1位!(2010年10月下旬から「耳管開放症」により活動を休止して.. Weblog: やまかず音楽日記 racked: 2011-05-03 02:14
  • 『八日目の蝉』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-05-11 08:55
  • 映画「八日目の蝉 」他人と違う経験を自分がどう感じるか

    Excerpt: 「八日目の蝉」★★★★☆ 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子出演 成島出 監督、 147分、2011年4月29公開 日本,松竹 (原作:原題:八日目の蟬/ 角田光代) .. Weblog: soramove racked: 2011-05-11 23:15
  • 『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは?

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-05-14 15:29
  • 映画レビュー 「八日目の蝉」

    Excerpt: 八日目の蝉 【公式サイト】  【allcinema】 角田光代の同名小説を永作博美と井上真央の主演で映画化。監督は成島出。不倫相手の赤ちゃんを奪い、4年間にわたる逃亡生活中の母親と.. Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) racked: 2011-05-24 02:15
  • 八日目の蝉

    Excerpt: さて、映画とドラマ両方見たので感想を書きたいと思います ちなみに映画を見てドラマ版が凄く気になっていたタイミングでNHKが2夜連続集中再放送をしてくれて凄く助かりました ちなみに原作は読んだことな.. Weblog: にきログ racked: 2011-06-03 00:33
  • 八日目の蝉

    Excerpt:  『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているので.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-06-05 07:23
  • 映画:八日目の蝉

    Excerpt:  久々の映画記事。見たけど記事にしていない作品が溜まってきた。今週末はブログに専念したい。と言うわけでその1弾は八日目の蝉です。 Weblog: よしなしごと racked: 2011-06-20 07:59
  • mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: 誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のあ.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2011-11-09 00:34
  • 八日の目の蝉(2011-027)

    Excerpt: 角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。 生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、 誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。 不倫相手の子供を生まれて.. Weblog: 単館系 racked: 2011-11-09 23:43
  • 八日目の蝉

    Excerpt: テレビシリーズは良かったけれど、 キャストを変えて映画化すると聞いても 何度も観たいという話ではなかったので 観る気はありませんでした。 丁度公開している時に、 テレビで数人の映画評論家が .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2012-01-17 10:27
  • 八日目の蝉 【映画】

    Excerpt: どうにも身動きができない どうやって出てゆけばいいんだろう あんたとなら出ていける気がする 大人になってから 感情のラインにくっきりと溝をみる時がある 愛について不満が出るときは相手に自.. Weblog: as soon as racked: 2012-01-18 02:25
  • 『八日目の蝉』

    Excerpt: 不倫の恋人の娘を誘拐して育てた。というお話。 不倫の相手の子供をはたして、誘拐してでも、育てたいと、思うかどうか、考えてみたけれど、どうにもわからないです。不倫したことないし、子供をおろしたこと.. Weblog: ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪ racked: 2012-02-20 18:37