映画 「コクリコ坂から」

画像








映画 「コクリコ坂から」

『ゲド戦記』以来、宮崎吾朗が約5年ぶりに演出を手掛ける
ファンタジックな要素を排したスタジオジブリ作品。

16歳の少女と17歳の少年の愛と友情のドラマと、由緒ある建物をめぐる紛争を軸に、
真っすぐに生きる高校生たちの青春をさわやかに描いていく。

主人公となる少年少女の声を担当するのは、長澤まさみと岡田准一。

企画・脚本は宮崎駿。さまざまな価値観が交錯する戦後の高度成長期を背景に、
現代を生きることの意味を見つめていくストーリーが感動を呼ぶ。
                           シネマトゥデイ
----------------------------------------------------------------

久しぶりのジブリ作品。

もうそれだけでワクワクさせてくれます。

企画・脚本は宮崎駿、監督は長男の宮崎吾朗氏。

正直、前作の『ゲド戦記』はピンと来ませんでしたが、
本作は一体どんな仕上がりに成っているのでしょうか。

果たして、私のようなオヤジ世代にはたまらない映画でした。

一言でいえば、思いっきりノスタルジックで、
しかし瑞々しさに溢れた、愛すべき映画でした。

そりゃあジブリ黄金期の傑作群と比較してどうだとか、
ハッキリいって大人向けであって万人向けではないとか、
そういうことはいえるかも知れません。

もう冒頭から、舗装されていない道路をオート三輪が走ったり、
ガリ版がとても重要なアイテムだったりしていました。

映画の作りとして、前半から中盤にかけては、もどかしく思うほどに
淡々とじっくりと主人公の周辺の日常風景を描写し続けて、
後半ラストに向けて一気にアクセルを全開にするような感じでした。

若い人達にはどう見られたのか、少々不安な気もしてしまう、
この前半の何気ないワンシーン、ワンシーンがスバラシイのです。

1963、4年頃の街並みや、当時の人々の暮らしぶりが
ジブリ独特の丁寧で圧倒的な画で魅力的に描かれていました。

ストーリーはかつての日活青春映画を連想するような、
かの吉永小百合サマが三つ編みをしていた頃の映画のようで、
ラストに至ってオヤジ世代の涙腺を直撃してくるのでした。

不器用で健気な主人公の海ちゃんがステキでした。

その声を当てた長澤まさみちゃんは、どちらかと言えば
舌っ足らずで甘えんぼうの声が印象にあって、それも魅力なんですが、
本作ではぶっきらぼうな感じがとても合っていました。

例によって、ジブリ映画はあまり説明過多でないのがイイのです。

ぜひ想像力をフルにして、目一杯楽しんでください。

海ちゃんが友達から、メルと呼ばれていたのは
恐らく”ラ・メール”からきているのですね。

私がそうかなと気付いたのはもうラスト近くでした。

普通なら友人との会話の中でそんな説明をいれることを
あえてしないのがジブリなんですよね。


ジブリブランド作品ですから、この映画もハードル高くて
色々言われること必至でしょうが、私は非常に好きな作品です。

でも音楽はちょっとサービス過剰だったかな。



















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 映画「コクリコ坂から」@ニッショーホール

    Excerpt:  日曜日、昼間の試写会、客入りは若干空席がある9割くらい。スタジオジブリ作品と言う事で小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2011-07-09 16:06
  • 【アニメ】コクリコ坂から

    Excerpt: <コクリコ坂から を観て来ました> 製作:2011年日本 試写会にて、ちょっとだけ早く鑑賞してきました。最近ジブリ映画は試写会やDVDでの鑑賞になっちゃってる。昔は超超超好きだったんだけど….. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-07-11 22:59
  • 映画:コクリコ坂から 1枚の写真に込められた想い。映像のみずみずしさが魅力。

    Excerpt: ジブリの最新作。 1963年頃の横浜を舞台に、繰り広げられる高校生たちの青春。 この時代の風景が、ただただ美しい。 そしてみずみずしい。 これを眺めているだけで、心が満たされていく。 一方で、ノスタ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2011-07-13 19:55
  • コクリコ坂から 予告

    Excerpt: コクリコ坂からは7月16日に公開です。 ? ジブリ最新作のコクリコ坂から予告とあらすじを 書いてみます。 ? 時代背景は東京オリンピックの前年、今から30年 前の横浜が舞台です。 ? 高度成長時代に入.. Weblog: 日々気になっている事 racked: 2011-07-14 20:38
  • [映画『コクリコ坂から』を観た]

    Excerpt: ☆嗚呼! 非の打ちどころのない傑作でした。  しっとりと感動しました。  『もののけ』『千と千尋』の頃から、『ハウル』『ポニョ』と、面白いけど物語が破綻しまくっていた宮崎駿が、この作品では見事な伏.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2011-07-17 01:57
  • 映画「コクリコ坂から」感想

    Excerpt: 映画「コクリコ坂から」観に行ってきました。 1963年の横浜の港町を舞台に繰り広げられる青春ドラマ系のスタジオジプリ作品。 この映画、当初観に行く予定はなかったのですが、映画公開がちょうど1ヶ月映.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-07-18 00:13
  • 映画『コクリコ坂から』

    Excerpt:  企画:宮崎駿、脚本:宮崎駿・丹羽圭子、監督:宮崎吾朗。『耳をすませば』以来の、少女漫画を原作としたジブリ最新作を、シネ・ピピアにて鑑賞しました。宮崎吾朗さんにとっては『ゲド戦記』以来、5年振り2回目.. Weblog: 健康への長い道 racked: 2011-07-18 15:59
  • 「コクリコ坂から」感想

    Excerpt:  「ゲド戦記」の宮崎吾朗第2回監督作品。1980年代に「なかよし」で連載された少女漫画(高橋千鶴・作画)、佐山哲郎・原作)をスタジオジブリ制作でアニメ映画化。    ちなみに「コクリコ」とは、フラ.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-07-18 18:54
  • 『コクリコ坂から』 忘れ去られたモデルとなった事件

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  マンガ『コクリコ坂から』が少女マンガ誌『なかよし』に連載されたのは、1980年である。もちろん、その時代を背景に、その時代の少女たちを対象に描かれたマンガだから、映画の.. Weblog: 映画のブログ racked: 2011-07-18 20:33
  • コクリコ坂から

    Excerpt: コクリコ坂から ★★★★☆(★4つ) う~ん。良いか悪いかで言ったら良かったんだけどね。 「なぜ、今、ジブリからこの作品なんだろう」って思ってしまったのが正直なところでした。 1960年代の.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-07-21 12:50
  • 『コクリコ坂から』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「コクリコ坂から」 □監督 宮崎吾朗□脚本 宮崎 駿□原作 高橋千鶴□キャスト(声) 長澤まさみ(メル:松崎 海)、岡田准一(風間 俊)、竹下景子(松崎 花)、石田ゆ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-07-23 08:33
  • 「コクリコ坂から」 淡々と物語がすすんでいく

    Excerpt: 「ゲド戦記」の宮崎吾郎監督の久しぶりの作品。 前作品から5年ほど経っていることに Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-07-24 06:47
  • 純愛を振りかざす確信犯。『コクリコ坂から』

    Excerpt: スタジオジブリの最新アニメ映画です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-07-24 09:13
  • 少女よ君は旗を挙げる~『コクリコ坂から』

    Excerpt:  1963年、港横浜。坂の上に建つ「コクリコ荘」を切り盛りする高校生、松崎海 は、毎朝信号旗を掲げる。「安全な航行を祈る」。海と同じ高校に通う風間俊は、 その旗をタグボートから見つめていた。 .. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-07-26 10:28
  • コクリコ坂から(2011-050)

    Excerpt: ゲド戦記の監督である宮崎吾朗氏がなかよしに連載された同名漫画を 映画化。 原作は読んでいない様な気がしますが映画館での予告で「兄妹」だ とネタばれした時点で気になってしょうがなかった作品。 .. Weblog: 単館系 racked: 2011-07-30 23:59
  • コクリコ坂から

    Excerpt: ブログネタ:うまく歌えたらイイナ!と思う曲は? 参加中 COPDのイベントの後、 会場の近くの映画館で観ました。 宮崎吾郎氏のジブリ作品第二段ですね。 最近のジブリ作品は今一つだし.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-08-03 04:18
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 1963年の横浜が舞台。東京オリンピックの開催を目前に控え、古いものはすべて壊し、新しいものを作ることだけが素晴らしいと信じていた時代、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた──。主人公、16歳の少女.. Weblog: voy's room racked: 2011-08-03 06:29
  • しっぽり。 【映画】コクリコ坂から

    Excerpt: 【映画】コクリコ坂から ゲド戦記の宮崎吾朗によるスタジオジブリ最新作。 【あらすじ】 東京オリンピックの開催を目前に控える日本。横浜のある高校では、明治時代に建てられた由緒ある建物を.. Weblog: B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら racked: 2011-08-05 01:09
  • 映画「コクリコ坂から」ノスタルジーに今は浸る時じゃない

    Excerpt: 「コクリコ坂から」★★★ 岡田准一、長澤まさみ、風間俊介、 大森南朋、竹下景子、石田ゆり子、 柊瑠美、風吹ジュン、内藤剛志、声の出演 宮崎吾朗監督 91分、2011年7月16日より全国公開, 201.. Weblog: soramove racked: 2011-08-06 00:17
  • コクリコ坂から

    Excerpt:  『コクリコ坂から』を、新装なったTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)この映画は、1963年の横浜を舞台に、男女の高校生の清々しい恋愛を描いた作品と言えるでしょう。ですが、下記の前田有一氏が.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-08-08 06:33
  • シネトーク71『コクリコ坂から』●良くも悪くないんだけど・・・・何かが足りない

    Excerpt: 三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「レディースデーがあるのにメンズデーがないのは男女差別じゃね?」 .. Weblog: ブルーレイ&シネマ一直線 racked: 2011-08-09 13:05
  • 映画:コクリコ坂から

    Excerpt:  個人的にはゲド戦記が微妙だったので見ようかやめようか迷っていたのですが、ネットでも今回の作品はおもしろい!との評判。と言うことでコクリコ坂からを見てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2011-09-08 01:22
  • コクリコ坂から

    Excerpt: 少女漫画が元になっているようなので、少女漫画として観ませう。 いやーそれにしても、ジブリの描くヒーロー(ヒロインの相手役)の男の子ってどうしてみんなこうカッコイイんでしょうね!ヒロインの海、.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-06-21 09:39