映画 「探偵はBARにいる」

画像








映画 「探偵はBARにいる」

『アフタースクール』の大泉洋と『悪夢探偵』シリーズの
松田龍平が演じる探偵が、札幌を舞台に危険に巻き込まれる
スリリングな犯罪ミステリー。

東直己の小説「バーにかかってきた電話」を基に、
テレビドラマ「相棒」シリーズの橋本一がメガホンを取る。

さらには、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの小雪や
『釣りバカ日誌』シリーズの西田敏行が共演。

大泉と松田コンビの独特の存在感に引き込まれる。
                     シネマトゥデイ
--------------------------------------------

これは面白い映画でした。

”ハードボイルドな探偵もの”なんて懐かしい響きが
ピッタリとくるようなエンターテイメントでした。

なんとなく松田龍平クンのお父さん、松田優作氏がやってた
作品のような雰囲気を感じるスリリングな探偵ものの映画でした。

この面白さは、そのストーリーが傑出しているというより、
その見せ方の演出の巧さにあったように思います。

探偵のいるバーにかかってきた依頼の電話に、振り回される
主人公と一緒に、事件の全貌がちょっとずつ観客にも見えてきます。

この探偵ものの王道の展開に、見事な緩急をつけて
観客を惹きつけ、ジラして、飽きさせませんでした。

それに加えてキャスティングの良さ。

主人公の大泉洋氏はこれまで一番のハマリ役に見えましたし、
松田龍平氏は主演よりもこうした相棒役でその良さが光ります。

この二人のコンビは絶妙に思いました。

ヒロインの小雪さんは、善人も悪女もこなすというか
その一筋縄でいかないような存在感が適役でした。

もっとも謎の依頼人は一体誰?というミステリーの面白さは
薄まった感がありますが、ラストのトリックは見抜けませんでした。
巧いこと騙されました。満足です。

その他にも魅力的な脇役陣が大勢登場し、個性的な役柄を
演じてくれていました。

その知名度の割にはチョイ役だったり、この人はきっと後にも
ストーリーに絡んでくるな、という人がそうではなかったり、
そのあたりの迷彩の施し方もこの作品の面白さでしょう。

映画の冒頭のシーンで、この映画のテーマソングらしい
かのジャックスの名曲 ”時計をとめて”をカルメン・マキさん
本人が登場して歌う場面が見られました。懐かしかったです。




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

みぃみ
2011年09月26日 12:37
招待された歌手の方が歌っていた曲名等知りたかったので、助かりました。
「時間をとめて」。。。
探偵の大事にしていたあれ、沙織と霧島の思い出の品、そしてラストの。。。
綺麗な繋がりに拍手です。
Mr.G
2011年09月26日 12:54
カルメン・マキさんも今や伝説の人ですが、ジャックスを知っている人は更に少ないでしょうねえ。「時間をとめて」は名曲ですね。
きさ
2011年10月08日 08:07
面白かったです。
ちょっと不調の今年の日本映画ではかなり良かったのではないかと。
原作読んでいるのですが、かなり忘却の彼方ですが映画はこれで良かったかと。
松田さんは「まほろ駅前多田便利軒」での瑛太とのコンビも良かったですがこちらでも良いですね。
俳優に合わせてキャラを改変しているのですが、映画としては正解だったのではないでしょうか。
冒頭、カルメン・マキが登場して歌うのが良かったです。
ジャックスも懐かしいですね。
Mr.G
2011年10月08日 17:35
楽しい映画でしたね。続編も決まったようで楽しみです。
こういう役者のキャラが立って、監督の職人芸みたいな、技が光った王道のエンタメってなかなか見られませんから、みんな飛びついた感じですね。

この記事へのトラックバック

  • 探偵はBARにいる

    Excerpt: 札幌在住の作家・東直己の「バーにかかってきた電話」をベースに映画化。札幌を舞台に2人の探偵がとある依頼から危険に巻き込まれていく様子を描いたクライムミステリーだ。主演は『アフタースクール』の大泉洋と『.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-09-13 12:15
  • シリーズ化希望! ~『探偵はBARにいる』

    Excerpt:  札幌・ススキノのバー「ケラー・オオハタ」で依頼の電話を待つ探偵(大泉洋)は 携帯電話を持たず、運転手の高田(松田龍平)とオセロ三昧。そんな彼に、「コン ドウキョウコ」と名乗る謎の女性から電話.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-09-13 20:03
  • 大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる

    Excerpt: 【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の.. Weblog: B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら racked: 2011-09-13 21:25
  • 「探偵はBARにいる」 (2011 東映)

    Excerpt: ハードボイルドミステリの主人公は、とにかく渋くなければならない。 だってそうでし Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2011-09-13 22:43
  • 『探偵はBARにいる』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-09-14 08:32
  • 探偵はBARにいる

    Excerpt: 東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。 「ススキノ探偵シリーズ」と言う事なので(?)、北海道の大ス.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2011-09-14 19:20
  • 映画『探偵はBARにいる』

    Excerpt:  東直己氏の代表作〈ススキノ探偵〉シリーズを、北海道出身である大泉洋を主演に迎えて映画化。アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノを、探偵が駆ける! バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)東 直己.. Weblog: 闘争と逃走の道程 racked: 2011-09-15 20:07
  • 「探偵はBARにいる」

    Excerpt: 2011年・日本/配給: 東映 監督: 橋本 一 原作: 東 直己 (「バーにかかってきた電話」)脚本: 古沢良太、須藤泰司 音楽: 池 頼広 エグゼクティブプロデューサー: 平城隆司 プロデューサー.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2011-09-16 02:01
  • 探偵はBARにいる

    Excerpt: 何かあったら 電話してくれ。 製作年度 2011年 上映時間 125分 原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太/須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/.. Weblog: to Heart racked: 2011-09-17 18:36
  • 「探偵はBARにいる」 懐かしい昭和の香り

    Excerpt: なんか懐かしい昭和の香りがしますね。 場末のバー、気の置けない相棒、依頼の電話、 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-09-19 20:41
  • 「探偵はBARにいる」

    Excerpt: 評判がいいんで、続編もつくるらしいな。 タイトルは、「探偵はBARBERにいる」。 はい、ちょっとこの天然パーマなんとかならない・・・って散髪中かよ! 冗談はともかく、続編ができるのも納得できるほど.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2011-09-25 22:02
  • 探偵はBARにいる(2011-069)

    Excerpt: 映画の『探偵はバーにいる』の原作はシリーズ一作目の 「探偵はバーにいる」じゃなくて、二作目の「バーにかかってきた電話」 が原作。 そして映画のタイトルは「探偵はBARにいる」 例によって原作は.. Weblog: 単館系 racked: 2011-09-26 04:11
  • 映画:「探偵はBARにいる」♪。

    Excerpt: 平成23年9月22日(木)。 映画:「探偵はBARにいる」。 【監  督】橋本一 【原  作】東直己(バーにかかってきた電話) 【脚  本】古沢良太/須藤泰司 【音  楽】池頼広 【キャスト.. Weblog: ☆みぃみの日々徒然日記☆ racked: 2011-09-26 11:38
  • 探偵はBARにいる

    Excerpt: 二人のキャラクターが面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2011-09-28 02:24
  • ■映画『探偵はBARにいる』

    Excerpt: “ハードボイルドな探偵映画”って、日本ではなかなかはまらないような気がしてました。 まず、探偵が似合いそうな俳優がいないし、探偵が似合いそうな場所がないし。 「なんかとりあえず、探偵と言えば“浮気.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-09-30 00:15
  • 探偵はBARにいる

    Excerpt:  『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出か.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-10-02 05:21
  • 探偵はBARにいる

    Excerpt: 新作DVDにて観賞 解説 『アフタースクール』の大泉洋と『悪夢探偵』シリーズの松田龍平が演じる 探偵が、札幌を舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。 東直己の小説「バ.. Weblog: A Day In The Life racked: 2012-02-20 19:21
  • 探偵はBARにいる 大泉洋 松田龍平 カルメン・マキ

    Excerpt:   シドニーのmasaさんにおすすめ頂き、あと見た人にも「なかなかよかったよ~カワベさん好きそう!」などとも言われ、ずっと気になっていた映画「探偵はBARにいる」を観ました。 タイミング良くき.. Weblog: 国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ racked: 2012-02-25 16:15
  • 探偵はBARにいる

    Excerpt: 監督 橋本一 出演 大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、高嶋政伸、石橋連司  舞台が北海道の札幌というのがいい。これが神戸でも横浜でも、ましてや東京や大阪、京都だったら、この映画のこの雰囲.. Weblog: とつぜんブログ racked: 2012-03-26 19:39
  • 映画「探偵はBARにいる」感想(DVD観賞)

    Excerpt: 映画「探偵はBARにいる」をレンタルDVDで観賞しました。 2011年9月に劇場公開された日本映画で、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステリー作品です。 今作は普通に熊本でも劇場公開.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2013-04-18 22:42