映画 「僕たちは世界を変えることができない」

画像










映画 「僕たちは世界を変えることができない」

楽しい日々を送る医大生が一念発起し、カンボジアの子どもたちのために
学校を建設しようと奔走する姿を描く青春ストーリー。

『同じ月を見ている』の深作健太が監督を務め、
現役大学生・葉田甲太の体験記を映画化した。

ボランティアを行動に移す主人公を熱演するのは、
本作が映画初主演の向井理。

カンボジアの非情な現実を目の当たりにした若者たちが、学校建設
ボランティアを通して自分自身と社会を見つめ直す姿が共感を呼ぶ。
                          シネマトゥデイ
---------------------------------------------------------

こんな企画の映画が東映の配給で見られることが
まずはウレシイじゃありませんか。

恋人が難病に冒されたり、奇跡が起きたりすることもなく、
大学生が150万円でカンボジアに学校を建てるというお話。

こうした企画はフットワークの軽いTVのドキュメンタリーとかが、
得意なもののように感じますが、この映画はよく出来ていました。

主人公は現役の医大生で小洒落たマンションに住んでおり、
遊興費を稼ぐためのアルバイトなどもしているようですが、
要するに世間知らず、苦労知らずのボンボンのように思われます。

そんな彼がふとしたきっかけでボランティアに手を染めて
仲間とともにカンボジアの現状を知ることになります。

こうした設定が、ボランティアとかチャリティーとかを
原点からまっさらな視点で見つめ直す機会になるように思えました。

偽善者、自己満足と批判もされ、そもそも何故カンボジアなのかと問われ、
異性との付き合いに悩み、ともすれば本業の勉強もおろそかになったりと、
主人公たちは大いに悩み、もがき苦しみます。

つまりボランティアはきっかけであり、そもそも自分自身と社会との対峙であり、
どう向き合うかという、普遍で誰もが避けられない問題を描いているのでした。

ですので主人公がイベントの打ち上げで、厄介なことにも逃げず、目を逸らさず、
パンツ一丁になって、自身の決意を語った時の勇気に拍手を送るのです。

カンボジアについて、私らの世代であればポル・ポトがどんなことをした人物なのか
ニュースを読んできているし、「キリングフィールド」という映画を観た人も多いでしょう。

またカンボジアの地雷原や、アジア一エイズの感染率の高い国である
ということにも触れていました。

このあたりはセミ・ドキュメンタリーのような作りにもなっていて、
一本の劇映画としてみた時には、ちょっと異質な感じを受けるのですが、
収容所後の記念館を訪ねる箇所などは、特に若い方には
是非とも見ておいてもらいたいと思う映像でした。

正直に言うとこのカンボジア・パートのカットには、駆け足に過ぎて
強引に見えたり、稚拙に見えたりする箇所もあったように思うのですが、
カンボジアの子どもたちの笑顔に免じて良しとしましょう。

彼らは途中で諦めることなく、150万円を貯めてカンボジアに学校を建てました。

そのことは、世界を変えることはできなくとも
彼ら自身を変えるきっかけにはなったことでしょう。






























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック