映画 「 新少林寺/SHAOLIN 」

画像









映画 「 新少林寺/SHAOLIN 」

ジェット・リーを一躍スターダムに押し上げた1982年のカンフー映画の歴史的金字塔
『少林寺』を、29年ぶりに現代によみがえらせたカンフー・アクション大作。

『香港国際警察/NEW POLICE STORY』のベニー・チャンが監督を務め、
少林寺が大炎上する中、命懸けで戦う男たちの姿を近代武器と
伝統武術による戦いを織り交ぜながらダイナミックに活写する。

アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェンら
アジアの大スターによる夢の共演や、エモーショナルなエンディングが
待ち受ける新しい少林寺の世界に注目だ。
                                           シネマトゥデイ
-----------------------------------------------------------------------

これは良く出来た王道のカンフー・アクション大作でした。

いかにも中国映画らしいスケールの大きさに圧倒されつつも、
ベニー・チャン監督得意の人間ドラマに涙腺を大いに刺激されます。

お馴染みのワイヤー・アクションによる伝統武術のキレの良さと、
見事な少林寺のセットも破壊してしまう、火薬の量もハンパない近代武器とが
ガップリ四つになって、ムチャ過ぎる戦いを見せてくれました。

このテの大作は、ともすると大味になりがちなのですが、
主な登場人物それぞれのキャラ描写が、なかなかに巧みで、
戦闘場面でシンパシーを覚えて、泣かされてしまうのでした。

戦乱の時代にあって、暴力や殺戮で富と権力を得ようとする者は、
自らがそうしたようにまたその地位を奪われる、その繰り返しだ、
なんていう、現代にも通ずるいわば定番のストーリーなのでした。

でもこの複雑すぎない、分かりやすさがイイんです。
家族揃って鑑賞出来る映画としてもオススメでしょう。

映画の冒頭ではアンディ・ラウが、珍しくイヤな悪役で登場しましたが、
暴君であった彼が苦悩し、改心する様がメインで描かれるなかで、
その顔が徐々に変化していき、最後は聖人のような表情を見せます。

やっぱり上手くて存在感のある俳優さんです。

ジャッキー・チェンは本作では武術の達人ではなく、料理係という役どころ。

ですがちゃんとキッチリその見せ場は用意されてあって、
シリアスな戦闘シーンが続くなか、ジャッキーならではの
コミカルなアクションは息抜きであり、一番オイシイ場面でもありました。


とても楽しめた面白い映画でした。























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新少林寺/SHAOLIN

    Excerpt: 娘の名前が勝男ってのはどうかと思うぞ。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2011-11-30 00:04
  • 「新少林寺/SYAOLIN」 アクションとドラマを両立

    Excerpt: 久しぶりです、本格的なカンフー映画は。 やはり、ジャッキー・チェンの作品やリー・ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-01-03 13:38
  • 映画:新少林寺/SHAOLIN

    Excerpt:  この映画を知ったきっかけもツイッターの公式アカウントにフォローされたからでした。と言うわけで今回は新少林寺/SHAOLINを見てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2012-01-09 03:53