映画 「マイウェイ 12,000キロの真実」

画像









映画 「マイウェイ 12,000キロの真実」

アジアからノルマンディーまでを生き抜いた東洋人の
壮絶な人生と人間の本質を描くトゥルーストーリー。

監督は、『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の
オダギリジョーと『PROMISE プロミス』のチャン・ドンゴンが、
運命のいたずらで日本、ソ連、ドイツの軍服を着て
戦うことになる男たちを演じる。

240日間にも及ぶアジアからヨーロッパの大陸横断撮影を
敢行して作られた、壮大なスケールの作品世界に酔いしれたい。

                            シネマトゥデイ
-----------------------------------------------------

戦争映画の大作です。

2時間半近くある長尺作品で、見応えはありました。

まずは戦闘シーンの迫力、それは近年でも屈指の出来に思えます。

その多くは最前線でのドンパチで、映画の面白さが使用する火薬の量に
比例するとしたならば、相当上位の作品だと思います。

主演はオダギリジョーとチャン・ドンゴン。

クレジットはオダギリジョーの名前が先に出てきましたが、
主演は完全にチャン・ドンゴンの作りでした。

この二人が少年期からのマラソンのライバルとしたあたりは
上手い設定で、この大作のなかで芯となって効いていました。

しかしやはり全体としては、少々長いかなと感じてしまいました。

いろいろとメリハリを付けて、見せ方を工夫してはいるのですが、
全体のお話自体には、さほど目新しさは感じられなかったです。

捕虜収容所の描写もいつも通りの感じ。

日本のそれもソ連のそれもウンザリするほどの非道っぷりです。

韓国映画ですから、そこかしこで反日の匂いはするのですが、
ソ連もヒドい描かれ方でしたが、日本はそれ以上でした。

それは山本太郎演じる看守役の軍人の極悪っぷりが、
実に見事にハマっていたからでもありました。

他にもいろいろとこれはどうなの、という箇所もあって、
時代考証とかは相当にルーズな印象です。

鶴見辰吾の切腹なんてのもありえないでしょうが、
でもまあ、娯楽映画だからということにしましょう。

でもバリバリの帝国軍人であった筈のオダギリジョーが、
割にあっさりとソ連の軍服を手にしたところは解せません。

ちょっと唐突な感じがして、もう一工夫あるべきだと思います。

この映画、オダギリジョー目線で話は展開していくのですが
オイシイところはチャン・ドンゴンが持っていった気がします。

やはりこの映画、チャン・ドンゴンが
メインの作品なんだなと思いました。





















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マイウェイ 12,000キロの真実/마이웨이

    Excerpt: ノモンハン、シベリアの強制収容所、ノルマンディ―日本軍、ソ連軍、ドイツ軍と3カ国の軍服を着て闘うという数奇な運命を辿った日本人と韓国人の姿を壮大なスケールで描き出す。監督は『シュリ』のカン・ジェギュ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-01-08 02:40
  • 劇場鑑賞「マイウェイ 12,000キロの真実」

    Excerpt: 生きる道を、探して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201140003/ シ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2012-01-14 15:18
  • マイウェイ 12,000キロの真実 / My Way

    Excerpt: ノルマンディ上陸作戦後、連合軍の捕虜になったドイツ兵の中に日本人がいたという話からインスパイアされた物語。という訳で『事実に基づく』とクレジットはされますが、どのくらい事実に即しているかは不明。 う.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2012-01-14 17:37
  • 映画「マイウェイ 12,000キロの真実」感想

    Excerpt: 2012年映画観賞のトップを飾る作品は「マイウェイ 12,000キロの真実」。 1944年のノルマンディー上陸作戦時に捕虜になったという東洋人の証言を元に作られた韓国映画です。 韓国映画は、200.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2012-01-14 22:31
  • マイウェイ 12,000キロの真実

    Excerpt: ★★★★★ “対立するものの間に友情が育つまでには長く険しい道のりが必要なのか” 祖父の死で辰雄は朝鮮人へ憎しみの感情を抱くようになります。このことが引き金になったかのように、映画の中では日本人による.. Weblog: 映画とライトノベルの日常自販機 racked: 2012-01-17 09:20
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「マイウェイ 12,000キロの真実」□監督 カン・ジェギュ□キャスト オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-01-19 08:48
  • 「マイウェイ 12,000キロの真実」 相互理解に至る道のり

    Excerpt: 韓流ブームと言われて久しく、そのきっかけはいくつかあったと思いますが、1999年 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-01-21 00:53
  • マイウェイ

    Excerpt:  『マイウェイ 12,000キロの真実』を渋谷TOEIで見ました。 (1)この映画については、評価がすごく分かれるのではないかと思います。  クマネズミは、当初、オダギリジョーが久しぶりに主演する映.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-01-29 21:16
  • 3つの軍服~『マイウェイ 12,000キロの真実』

    Excerpt:  MY WAY  1928年、韓国・京城。東京からやってきた長谷川辰雄(オダギリジョー)は、 使用人の子、キム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)と出逢う。走るのが得意な 二.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-01-31 23:01
  • ????????????????????

    Excerpt: ?????????????????????????????????�??????????????????????????????????????????????????????? ???????.. Weblog: ?????????????????? racked: 2012-02-03 18:51
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』 たったひとつ残念なこと

    Excerpt:  素晴らしい!  そう素直に感嘆した。  人々の対立と葛藤、壊れる友情と生まれる友情、そして彼らを取り巻く数奇な運命。物語は波乱に富んで飽きさせないし、喜怒哀楽すべての感情を揺さぶるエピソードに... Weblog: 映画のブログ racked: 2012-02-19 16:48
  • 全てを失っても、走り続けた――「マイウェイ 12,000キロの真実」

    Excerpt: Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2014-08-20 22:54