映画 「最後の晩餐」

画像








映画 「最後の晩餐」



『ラスト・プレゼント』などで知られるオ・ギファン監督による
中国韓国合作のラブストーリー。

それぞれの夢をかなえるために、5年間だけ離れることにした
カップルの再会を見つめる。

『失恋33天~Love is not blind』で注目を浴びた中国人女優バイ・バイホーと
『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』などの台湾の人気俳優エディ・ポンが、
主人公の男女を熱演する。

切なくもロマンチックなストーリーもさることながら、
物語のキーとなるスープをはじめとした料理の数々も見どころ。
                                     シネマトゥデイ
-------------------------------------------------------------

中国と韓国の合作映画です。

中国映画の純朴なところと韓国映画のベタでこってりしたところが
程よくブレンドされた、若々しくオシャレな映画でした。

なにより泣ける映画でした。
こういう作品が嫌いでなければ感涙必至でしょう。

男女の恋物語を、観客の期待を巧みにかわして焦らしつつ、
それでいて観客の興味を削がない微妙なところを保って見せてくれます。

日本映画だと今どきここまで分かりやすくベタな作りにはしないような、
例えるなら、大昔のトレンディドラマのような展開は決して悪くはありません。

さすがに韓国人のオ・ギファン監督、いわゆる難病映画のひとつなのですが
見せ方に工夫があって上手いなあと思わせてくれます。

そういえば監督の『ラスト・プレゼント』という作品もそんな映画でした。

主演のバイ・バイホーという中国の女優さん、なんとなく眞鍋かをりさん似でした。
一度そう感じてしまうとその発想がなかなか抜けません。

一方の主人公の男性シェフが作る料理が、見た目もキレイですごく美味しそうでした。
恋人同士で出かけるには最適な映画でしょう。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『最後の晩餐』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「最後の晩餐」□監督 オ・ギファン□脚本 ヤン・キンハイ□キャスト バイ・バイホー、エディ・ポン、ペース・ウー、ジアン・ジンフー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-03-08 08:20