映画 「魔女の宅急便」

画像





映画 「魔女の宅急便」


宮崎駿によってアニメ化もされた、角野栄子の名作児童文学を原作にしたファンタジードラマ。

一人前の魔女になるための修行として、知らない町で1年間生活する
13歳の少女キキがさまざまな出来事を通して成長するさまを見つめる。

監督は、『呪怨』シリーズの清水崇。
キキを演じるのは、オーディションで選出され、角野も太鼓判を押したという新星・小芝風花。

尾野真千子、宮沢りえ、筒井道隆といった豪華な顔ぶれの共演陣はもとより、
原作の世界観を再現した美術や衣装にも注目。
                                           シネマトゥデイ
-----------------------------------------------------------------------

実写版「魔女の宅急便」です。

どうしたって、あの宮﨑駿版アニメと比較したくなりますが、原作は同じなので
当然世界観はどちらも一緒ですが、これはやっぱり全くの別物として見るべきでしょう。

そして本作はなかなか良く出来た作品に思いました。

まずは実写ならではのリアルさが格段だったこと。

キキが自由に空を飛ぶときの、まさに鳥になったような感覚とその爽快感は絶品でした。
特に低空で海の上を飛んでいた時の心地よさは格別なものがありました。

まだ飛行に未熟なキキが空から落下してしまった時などは、
実写ならではの生身のリアルな痛みが感じられました。

今の若い人たちにはCG、VFXは、完璧に見えて当たり前の感覚なのでしょうが、
私などはすごいすごい、といって拍手したくなるような楽しい映像が沢山見られました。

昔は飛翔シーンなんて、ほとんどがただ吊るされているだけで、
その吊っているピアノ線も丸見えだったりが当たり前だったのです。

まあ、ストーリーは児童文学なのでそれほど凝った作りではありません。

本作の一番の見どころはやはり主演のキキ、小芝風花ちゃんでしょう。

13歳という、少女と大人の端境期をみずみずしく体現してくれていて、
屈託のない笑顔も、悩める少女の顔も実に魅力的でした。

キキに相応しく、物怖じしない大物感と、万人に愛される素直さを感じました。

本来、ライオンより怖い猛獣のカバですが、仔カバのマルコの愛くるしいこと!

本作のクライマックスでもあるこのマルコのエピソードは、かなり無理くりでしたが、
最後に思いがけず登場した浅野忠信の存在感がコトを収めてくれた感があります。

清水崇監督、ホラーだけじゃなく、ファンタジー系もいけます。
ああ、ホラーもファンタジーといえばファンタジーですね。
























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック