映画 「怪しい彼女 」

画像





映画 「怪しい彼女 」


『王になった男』などのシム・ウンギョンと『ハーモニー 心をつなぐ歌』などの
ベテラン、ナ・ムニが二人一役を熱演する心温まるファンタジー。

70歳の老女が突然20歳の自分に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を、
爆笑と感動の涙で盛り上げていく。

『トガニ 幼き瞳の告発』などのファン・ドンヒョク監督が、本作ではがらりと趣を変え新境地を開拓。
キュートな容貌とは裏腹に、相手構わず罵声を浴びせる怖いもの知らずのヒロインの魅力のとりこになる。
                                                      シネマトゥデイ
----------------------------------------------------------------------------------

韓国映画らしい見事なエンターテイメントでした。

冒頭からしばらく続く、70歳の老女マルスンの意固地な性格で、
誰にでも挑戦的で口汚い描写に、いかにも韓国人らしい、
日本人とは相容れないメンタリティーをいつもに増して強く感じたりもしましたが、
これはベテラン女優、ナ・ムニさんの巧さでしょう。

この70歳の老女がメンタルはそのまま、20歳の自分に若返ってしまいます。
男と女が入れ替わるというのとかは今までに色々とありましたが、
このありそうでなかった設定が見事にハマって大いに笑わせてくれました。

この70歳を演じる20歳のヒロイン、シム・ウンギョンの弾けまくったキュートさに脱帽です。
何しろ見た目は20歳の小娘なのに、その中身は70歳の偏屈で意地の悪い婆さんです。

いちいち目を剥いたり、口をとんがらかしたりと、その見た目と仕草や言葉のギャップに
誰もが腹を抱えて大爆笑してしまうこと請け合いでしょう。

しかも周りの家族、知人たちは彼女の正体が分かりませんが、彼女はすべて熟知してるのです。
だって中身はそのままマルスンなのですからそれは当然です。

シム・ウンギョンの見事な演技はナ・ムニが憑依したかに見える瞬間があったほどでした。

彼女は劇中で歌もダンスも非凡なところを見せてくれました。

映画は崩壊しかけた家族の再生物語やバンド・ムービーとしての側面もきっちり描いて、
韓国映画らしい、こってりとした笑いあり、涙ありの王道の娯楽映画に仕上がっていました。


























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック