今日はチェット・ベイカーを紹介

画像
今日はチェット・ベイカーを紹介。

迷わずこの「Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman」を一押し。
ジェリー・マリガンとのカルテットのものも良いけれどあれはピアノレス。
やっぱりピアノがいた方が好きだし、チェット・ベイカーとの相性抜群の
ラス・フリーマンであれば言うことがない。
このアルバムに収められた曲は小品が多いがどれも佳曲揃いで、その軽やかなスイング感は絶品。
この頃のベイカーが一番良かったのではないだろうか。ちなみに録音は1953年。

このアルバム、日本ではかなり前にキングから「クール・ベイカーVol.1」
「同 Vol.2」というタイトルでLP2枚で出されたもの。
ずっと私の愛聴盤であったが、まもなく廃盤となりその後長く入手難であった。
このCDは買いである。

この人のトランペット、どうしてこんな音がだせるのだろう。


Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman

"今日はチェット・ベイカーを紹介" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント