映画 「戦場のアリア」

画像


映画 「戦場のアリア」をTOHO CINEMAS 六本木にて。

フランス映画祭のクロージング作品として「戦場のアリア」を観ました。

この作品のチラシを見て、モチーフとなった実話を目にした時
私は自分の想像力の無さから、そんなアホなという気がしましたし
そんな夢物語みたいな話の映画って、正直思いました。

ところが、映像化された作品を観ると、これが実に説得力のある
感動的な作品に仕上がっていてビックリでした。

舞台は、第一次大戦下の最前線のフランス北部の村。
フランス・スコットランド連合軍とドイツ軍とが、互いににらみを利かし
不用意に塹壕から頭を出せば、すぐさま敵の銃弾が飛んでくるような中間地帯。

そんな戦闘が続く中、クリスマス・イブの日に一夜限りの休戦が実現し
歩み寄った兵士たちはシャンパンで乾杯し、打ち解けて交流し合う。

もちろん、ずっと戦闘中であった敵同士です。
兄弟を失った者もいれば、それぞれさまざまな状況を抱え、疑心暗鬼なのです。
まして、当然言葉は英語、フランス語、ドイツ語です。

このあたりの描写が巧みで、ぐっと画面に引き付けられました。
兵士たちが徐々に敵同士を人間として認め合い、写真を見せ合ったり
親交を結ぶさまが、丁寧に描かれます。

中間地帯を自由に行き来している猫が、それぞれネストールとかフェリックスとか
名づけられていたり、自軍の爆撃から逃れるため、互いの塹壕を敵味方揃って
行ったり来たりとか、ユーモラスなところもありました。

反戦を直接声高に問うような作品でなく、ちょっと変化球のようでしたが
戦争というものの本質を問いかけるような映画でした。

本当に残念に思ったのは、休戦のきっかけとなった歌手の歌声。
いや歌は素晴らしかったのですが、それが吹き替えであったこと。
ここはもう歌、演技のレベル以前に、実際にあそこで歌ってこそであると思います。

日本の観客は、映画「スウィングガールズ」の例を出すまでもなく
そう感じる方が多いのではないかと思います。

観終わって、とても気持ちの良い映画でした。
最後にテロップが出ましたが、私も”あの場に居た兵士たちに拍手を送りたい”と思います。



"映画 「戦場のアリア」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント