映画 「インサイド・マン」

画像


映画 「インサイド・マン」 を観ました。

デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスター、クライブ・オーウェンといった
名の知れた演技派の俳優たちが、こぞって出演した見応えのあるクライム・ストーリーでした。

他にもウィレム・デフォーとかクリストファー・プラマーなんて渋い人たちも出てきます。

基本的には銀行強盗の犯人側と捜査官たちとの、丁々発止のやり取りがメインで
先の読めない展開は、実に面白く楽しめるものでした。

確かに従来型の単純な強盗モノと違って、犯人の本当の目的やらに
謎を残して引っ張る脚本は、新鮮でありました。

やたらめったら人が死なない、殺さないというのも新しいところでした。

ただしこの映画、例えば最近でいえば「トランスポーター2」のようなお気楽アクションではなく
ボーっと観ていると、おそらくついていけなくなるでしょう。

それなのに、出演者のセリフがとても多く、どこに伏線張っているのだろうと
こっちとしては一語一句見逃してなるものかと、必死に字幕を追いました。
画面の隅々まで、なにかヒントが出てくるだろうと凝視したり
実に疲れる映画でした。

果たしてこの作品の出来はどうかというと、あれれっていう感じでした。
一般公開前なので、オチの部分は書けませんが、前半の息詰まる展開を
必死についていったのに、こういうラストなのという思いがしました。

「インサイド・マン」ってこのことかよーとか。
みんな丸く収まって、確かに完全犯罪といえばそうなのだけれども
エンディングの爽快感なんていうものは、皆無と言っていいでしょう。

野球に例えると、エースと4番バッターの真っ向対決で
速球でグイグイと勝負していたのに、最後にフォークボールでタイミング外されて
腰砕けの三振かボテボテのピッチャーゴロという感じでした。

ジョディ・フォスター演ずる敏腕弁護士なんか出番少なくて、もったいない気がしますが
さすがの存在感で、彼女でなくては全体のバランスを保っていたという気がしました。

面白い脚本なのですが、落としどころを間違えたような思いがしてなりません。



"映画 「インサイド・マン」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント