映画 「陰日向に咲く」

画像



映画 「陰日向に咲く」 を観ました。

東京に暮らす“どこか日の当たらない”9人の人々が、
一生懸命生きようとする姿を描く笑いと涙の群像ドラマ。
岡田准一、宮崎あおいら若手と、西田敏行、三浦友和ら
ベテランたちが絶妙なアンサンブル演技で魅せる。

劇団ひとり氏のベストセラー処女小説を読んでいませんが
この映画、予想と違い、面白おかしいお話ではなく、
地に足の着いたというのか、等身大の人間たちの、
それぞれに苦悩しつつ、生きていく姿をを真摯に見つめた
泣かせる映画に仕上がっていました。

いくつかの異なる人々のエピソードを交互に描いて
それらが終盤に近づくにつれて、繫がりを見せるという
手法は最近の映画に良く見られますが、今作において
それが見事に成功した、とは言いがたいと思いました。

それぞれのエピソードも、私にはさほど出来の良い話と
思えるものはなかったような印象を受けたのですが
しかしながら、映画としての出来はとても良かったです。

その一番の理由は、メインの役者さんたちの演技による
ものと思います。

岡田准一の演技は今までにない、見ているこっちが
イライラするほどの、中途半端なダメ男を演じて秀逸でした。

三浦友和はいつもながら安定した演技で、特に今作のような
静かに苦悩を見せるような役柄にはハマリます。

西田敏行もお見事の一言。
今作ではホームレスの男を演じましたが、ただ汚いナリとメイク
をしましたというのとは次元が違い、ホームレスを生きてきた
男の悲しさ、厳しさ、それにしたたかさを感じるものでした。

最後に宮崎あおいちゃん。
彼女が相変わらず素晴らしく、この作品の魅力を高めます。
彼女は自分の表情やしぐさを、完璧にコントロールして
今回も私をノックアウトしてくれました。

派手さはないものの、佳作というべき映画でした。


"映画 「陰日向に咲く」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント