映画 「崖の上のポニョ」

画像



映画 「崖の上のポニョ」 を観ました。

大ヒットを記録した前作『ハウルの動く城』以来4年ぶりに
宮崎駿監督が手掛けた心温まるファンタジー。

アンデルセン原作の童話「人魚姫」を基に、人間になりたいと
願うさかなの子と5歳の男の子の友情と冒険を生き生きと描く。

『風の谷のナウシカ』以来長年宮崎作品の音楽を担当してきた
久石譲が今回も音楽を担当し、美しい音色で作品を盛り上げる。

CG映像全盛の今だからこそ、あくまで手描きアニメーションに
こだわった驚異の映像は必見。

----------------------------------------------------------

「ぽ~にょ、ぽにょぽにょ さかなのこ♪」
このテーマソングが耳について離れません。

とっても楽しい映画でした。

いまや宮崎駿という人は、日本の至宝といってよいでしょう。
クオリティの高い作品を世に出し続けるスタジオジブリが、
今回は原点回帰といえるような、またまた圧倒的に素晴らしいものを
私たちに見せてくれました。

トトロの大好きな私としては、今作はとても満足できました。

宮崎駿作品だからと、ファンタジーの部分を解き明かそうとか、
込められたメッセージを読み解こうとか、考えるのはこの作品に似合いません。

とにかく分かりやすく、可愛くて、夢があって、無類に楽しい。これに尽きます。

例によってその舞台設定、状況説明は、ほとんどなされないので、
その不思議な映像の数々は、如何様にも深読みがされることでしょう。

ですがそんなことよりも、その絵の可愛さ、美しさ、不思議さに
我を忘れてのめり込んでしまえたことが、何にも増して幸福な瞬間なのでした。

万人が楽しめる映画というに、これほど相応しい作品もないでしょう。

例えば私の隣にいた、まだ小学校に行くにも満たない年の女の子が
映画が始まるや否や、目を輝かせて画面に集中し、笑い声以外は
一切発することなく、エンドロールを迎えました。

夢中になっていたのは彼女と同様、私もでした。
なんとパワーのある映画なのでしょうか。


聞けば長編作品は、これが最後とも言われているそうです。
宮崎監督の渾身の一作をぜひ体験してみてください。











"映画 「崖の上のポニョ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント