映画 「百万円と苦虫女」

画像




映画 「百万円と苦虫女」 を観ました。

蒼井優が『ニライカナイからの手紙』以来、3年ぶりに
主演を務めた、ほろ苦い青春ロードムービー。

ひょんなことから各地を転々とすることになるヒロインの
出会いと別れ、そして不器用な恋を丹念に映し出す。

監督は『赤い文化住宅の初子』のタナダユキ。共演者は森山未來を
はじめ、ピエール瀧や笹野高史ら個性派が脇を固める。

転居を繰り返しながら、少しずつ成長して行く主人公の姿に共感する。

---------------------------------------------------------------

今をときめく蒼井優ちゃんの主演作です。

約2時間の間、彼女がほぼ出ずっぱりの映画が見られるというだけで
ファンである私などは、十分満足という作品なのでした。

今回の彼女は、不器用で人付き合いの苦手な、
しかし根は生真面目な女の娘といった役どころ。

人と接するときの曖昧な笑顔や、自分と向き合うことすら不得手な
ナイーヴな女性を演じて、相変わらず抜群の存在感を示してくれました。

これだけで十分なのですが、では映画全体を見て
好きな映画かと言われると、ちょっと首を傾げてしまうものでした。

随所にいかにも女性監督らしい、細やかな気配りを
感じさせる演出、視点が見てとれましたが、
テーマの根本のところで、共感しにくいと感じてしまったのでした。

山の村人たちの描き方や、弟のイジメの描写などに
作為的な不自然さを感じてしまいましたが、一番の不満は
郊外の街での主人公と中島(森山未來)とのエピソードのくだり。

二人の恋の物語は、少々強引な感もありましたが
甘酸っぱくも微笑ましく、楽しく見られました。

しかし別れのオチに関しては、作為を通り越して
あまりに不自然で、ストーリーを破綻させてしまったように思います。

これではラストのすれ違いのシーンに、感情移入のしようもありません。


ピエール瀧さんの、田舎の独身中年男の悲哀を
感じさせる演技が絶品でした。

そのピエールさんに声をかけられて、お風呂に顔を半分沈めて
困惑顔の蒼井優ちゃん、ポニョみたいですごく可愛かったです。










"映画 「百万円と苦虫女」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント