映画 「ハッピーフライト」

画像




映画 「ハッピーフライト」 を観ました。

『スウィングガールズ』の矢口史靖監督が
メガホンを取った、飛行機をテーマにしたコメディー。

航空機一機をスケジュール通り安全に離着陸させるために働く、
さまざまな役目を負ったスタッフたちの奮闘ぶりを生き生きと描く。

どこか頼りない副操縦士に扮するのは『ぐるりのこと。』の田辺誠一。
機長役に時任三郎、キャビンアテンダント役に綾瀬はるかや
吹石一恵ら豪華キャストが勢ぞろい。

よりリアルでドラマチックな航空業界の舞台裏に興奮させられる。
                            (シネマトゥデイ)
------------------------------------------------------

このところヒット作を連発している矢口史靖監督の新作
ということで、期待値は相当に高かったこの作品。

前作『スウィングガールズ』は、私の大好きな映画で、
何度も何度も繰り返して見た作品でした。

今回も自らのオリジナル脚本というのがまず素晴らしく、
格段にスケールアップした”矢口ワールド”の中身は如何に。

果たして、その期待に見事に応えてくれた、
大変に面白く、楽しい作品でした。

相変わらずのテンポの良さで、航空業界の
舞台裏のアレコレをポンポンと見せてくれます。

これが実に新鮮で興味深く、また出てくる人々が皆
人間的で、ユニークで魅力的な人たちでした。
そんな人たちが次々に登場してくれるのでした。

基本的にはコメディーですので、大いに笑えます。

また、その笑いは斜に構えたものでなく、
老若男女に通ずるものでした。

これならばアメリカ人が見ても、中国人が見ても
楽しめる内容に仕上がっていたと想います。

特に感心させられたのは、全体のバランスの良さ。

一応副操縦士役の田辺誠一さんや、CA役の綾瀬はるかさんらが
メインとはなっていますが、特に誰が主役ということも無い、
多くの人々の細かなエピソードを紡いだ、群像劇なのでした。

であっても、こうした作品が得てして陥りがちな、
散漫になったり、停滞したりということがありませんでした。

不要な恋愛話も、入れなくてスッキリしていました。

小道具の使い方や、さりげない伏線を張り方にも
上手さや工夫が光っていました。

航空パニック・ムービーとしての緊張感もそこそこに、
楽しくて、ハラハラして、ちょっぴりジンとくる、という
娯楽映画の王道たる作品でした。


キリリとした「ICHI」の綾瀬はるかさんも素敵でしたが、
ちょっとドジでお茶目なCAのコメディエンヌ振りも、
実にキュートな、はるかさんでした。














"映画 「ハッピーフライト」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント