映画 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

画像







映画 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

国民的アニメの金字塔として、1974年の放送当時から長年にわたって
愛されてきたテレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を実写映画化。

地球からはるか彼方のイスカンダル星を目指し、古代進ら
宇宙戦艦ヤマトの乗組員たちが戦いの旅を繰り広げる。

監督は、『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。主人公の古代進を木村拓哉、
女性パイロットの森雪を黒木メイサが演じる。

日本最高峰のVFXチームを率い、最新技術を駆使した圧巻のCG映像が見どころ。
                                      シネマトゥデイ
-------------------------------------------------------------

原作がTVで放映されていた頃には、もう結構大人でしたので
それを見た記憶もなく、全くヤマトに思い入れなどない私。

でもまあ、もちろん多少は知っていましたし、そもそも
こんな国民的アニメの金字塔的な原作を、実写でやろうとする、
その心意気には拍手を贈りたいと思います。

実際、その作り手たちの情熱みたいなものは伝わってきました。

でも面白かったかといえば、その意欲に見合うほどでは
なかったように思います。

キムタクの演技はいつも通りのキムタクでした。
彼の芝居はどんなセリフも、私にはどこかウソっぽく聞こえます。

今回は宇宙空間という、非日常の世界を舞台としていたので
そんな彼の生活感の無さも、あまり違和感がなかったのかも知れません。

黒木メイサも同様な感じでした。
彼女の今回の役は適役ではなかったかと感じます。

ストーリーは、ヤマト初心者には展開が急すぎて追いつけないというか、
ここが一番悩ましいところだったでしょうか。

例えば、古代進と森雪の突然のラブシーンであるとか、
終盤近く、柳葉敏郎演じる真田が何故古代進に対して、
”ずっと弟のように思っていた”などといきなり言い出したり、
この作品で初めてヤマトを見る者には、全く不可解で意味不明です。

こういうところは恐らくほぼ全編に渡っていて、ファンならば
納得というか、むしろ楽しめる箇所なのでしょう。

そういう風に見ると、2199年といっても随分とアナログだったり、
はるか14万8千光年とかいっても、何度かワープすればすぐだったり、
戦艦ヤマトの内部が、どうもマグロ漁船ぐらいの大きさにしか思えなかったり、
そもそもこんなすごい技術があるなら、自前で放射能除去装置ぐらい
作れんじゃね、とか身もフタもないことを言ってみたくなるのです。

結論として、初心者には詰め込み過ぎのため、駆け足でハショリ過ぎた感が強く、
感情移入が出来ず、生きるか死ぬかのハラハラドキドキ感が得られません、ということでしょうか。

山崎貴監督のVFXは素晴らしいと思いました。
宇宙空間のシーンは見事なのに、人間が映る場面はあんまり・・・。




















"映画 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント