映画 「ソーシャル・ネットワーク」

画像








映画 「ソーシャル・ネットワーク」

世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を描いた伝記ドラマ。

ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げた主人公たちが、
一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に
巻き込まれていくさまを映し出す。

監督は、次々に話題作を送り出すデヴィッド・フィンチャー。

キャストには『イカとクジラ』のジェシー・アイゼンバーグ、
『Dr.パルナサスの鏡』のアンドリュー・ガーフィールド、
ミュージシャンのジャスティン・ティンバーレイクら注目株がそろう。
                        シネマトゥデイ
--------------------------------------------------

デヴィッド・フィンチャーという監督は、いつもユニークで、
ダークでスタイリッシュな映像で、独特の世界観を描く監督です。

そんな彼が「Facebook」誕生の裏側を描く作品を手がけた
と聞いたときは、ちょっと意外な感じがしましたが見てみると
やはりデヴィッド・フィンチャー監督らしいという気がしました。

たしかに面白く、圧倒的なテンポで展開される映像は、
素晴らしく臨場感に満ちていて、主人公たちが一躍有名人となり
巨万の富を築く現場に居合わせているかのように感じるのでした。

しかし好き嫌いの分かれる映画でしょう。

SNSって何?というような人には、そもそも興味を惹かないだろうし、
いわゆるありがちな若者たちのサクセスストーリーとして描かず、
メインとなっているのは、金や名誉を争っての裏切りや出し抜き
といった諍いをめぐっての訴訟の現場であるのでした。

主人公のマークは天才的なプログラマーではあるが、
人の気持を慮ることの出来ない、イケ好かない奴でした。

といって彼は悪意を持ってそうするのではなく、
そういったことに無頓着なだけのように見えました。

いわゆる天才型の人間の、ある一面に秀でて
ある一面は欠落しているような人間です。

このマークを演じたジェシー・アイゼンバーグは
見事にこうした人物に成りきっていたと思います。

こういう人物には、彼の欠落する部分を上手く補うような人物が
パートナーとなれば良かったのでしょうが、この映画の
エドゥアルドはそうしたタイプではなかったのでしょう。

この両者を始め、人物描写の上手さ、巧みさに唸らされます。

とにかく圧倒的なスピード感が魅力の映画でした。






















"映画 「ソーシャル・ネットワーク」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント