映画 「阪急電車 片道15分の奇跡」

画像







映画 「阪急電車 片道15分の奇跡」

始点から終点まで片道15分のローカル線、阪急今津線の電車内を舞台にした、
有川浩の小説を映画化した群像ドラマ。

乗客たちの目を通して、偶然同じ車両に乗り合わせた人々の人生を映し出していく。

婚約中の恋人を後輩に奪われたOLと、恋人に振り回される女子大生を演じるのは、
中谷美紀と戸田恵梨香。

そんな不幸な彼女たちにもたらされる奇跡と、ハートフルなストーリーに注目。
                                     シネマトゥデイ
------------------------------------------------------------

阪急今津線は片道15分なんですか。

でも私の地元の東急多摩川線は全長5.6キロ、7駅で片道10分なんです。
元々は目蒲線といって、そこそこの知名度もあった筈でしたが、
分割されてしまった片割れの目黒線は乗り入れも増えて出世しましたが、
多摩川線はマイナー度を高め、今や東急電鉄の盲腸呼ばわりされてます。

誰か映画でも撮ってくれないでしょうか。


閑話休題。

こういう映画、割と好みです。

いかにも日本映画らしい、それほどの大事件は起きずに
身近なエピソードを積み重ねていく、ほのぼの路線の作品でした。

冒頭の中谷美紀のエピソードこそ、この女性のとった行動には
共感しかねるものがあったのですが、全体としてなかなかに
上手くまとめてくれたように思います。

監督はドラマをやっていて本作が映画デビューという方だそうで、
なるほどそういう感じを受けました。

いかにもな雰囲気の音楽の付け方などが、さあここが感動する場面ですよ、
っていう押し付けがましさも感じなくはなかったですが、
個々のエピソードに出来不出来がなく、バランスの良さを感じました。

なんといっても俳優陣が揃ってます。

特に良いのが宮本信子と芦田愛菜ちゃんのコンビ。

曲がったことがキライで、言うことは言うのに
品の良さを失わない宮本信子さん、サスガです。。

この名女優に伍して、相変わらず達者な芦田愛菜ちゃん。
どうしてこんなに自然な演技が出来るのでしょうか。脱帽です。

また関西弁も上手すぎると思ったら、彼女は神戸出身らしいです。

本作の戸田恵梨香はイケメンの彼氏のDVに悩む女子大生ということで、
ちょっといつもと違う感じが見られて新鮮でした。

でもやはり後半ではしおらしい感じだけでなく、
いつものエリカ様っぽさも見られた演技でした。

その方がらしくていいかも。
それにしても彼女のスタイルの良さ、美脚に見とれます。

彼女の友人役で相武紗季が出てきたのもウレシかった。

もう一人上げるとすれば谷村美月ちゃん。

どんな役をやらせてもこなす演技派の彼女ですが、
本作のような、ちょっと変わったナイーブな女の子を
無理なく自然に演じることが出来るのは彼女が一番でしょう。


ほどほどの心地良いエピソードが沢山集まって
爽やかで気持ちのいい映画に仕上がっていました。




















"映画 「阪急電車 片道15分の奇跡」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント