映画 「マイウェイ 12,000キロの真実」

画像









映画 「マイウェイ 12,000キロの真実」

アジアからノルマンディーまでを生き抜いた東洋人の
壮絶な人生と人間の本質を描くトゥルーストーリー。

監督は、『ブラザーフッド』のカン・ジェギュ。

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の
オダギリジョーと『PROMISE プロミス』のチャン・ドンゴンが、
運命のいたずらで日本、ソ連、ドイツの軍服を着て
戦うことになる男たちを演じる。

240日間にも及ぶアジアからヨーロッパの大陸横断撮影を
敢行して作られた、壮大なスケールの作品世界に酔いしれたい。

                            シネマトゥデイ
-----------------------------------------------------

戦争映画の大作です。

2時間半近くある長尺作品で、見応えはありました。

まずは戦闘シーンの迫力、それは近年でも屈指の出来に思えます。

その多くは最前線でのドンパチで、映画の面白さが使用する火薬の量に
比例するとしたならば、相当上位の作品だと思います。

主演はオダギリジョーとチャン・ドンゴン。

クレジットはオダギリジョーの名前が先に出てきましたが、
主演は完全にチャン・ドンゴンの作りでした。

この二人が少年期からのマラソンのライバルとしたあたりは
上手い設定で、この大作のなかで芯となって効いていました。

しかしやはり全体としては、少々長いかなと感じてしまいました。

いろいろとメリハリを付けて、見せ方を工夫してはいるのですが、
全体のお話自体には、さほど目新しさは感じられなかったです。

捕虜収容所の描写もいつも通りの感じ。

日本のそれもソ連のそれもウンザリするほどの非道っぷりです。

韓国映画ですから、そこかしこで反日の匂いはするのですが、
ソ連もヒドい描かれ方でしたが、日本はそれ以上でした。

それは山本太郎演じる看守役の軍人の極悪っぷりが、
実に見事にハマっていたからでもありました。

他にもいろいろとこれはどうなの、という箇所もあって、
時代考証とかは相当にルーズな印象です。

鶴見辰吾の切腹なんてのもありえないでしょうが、
でもまあ、娯楽映画だからということにしましょう。

でもバリバリの帝国軍人であった筈のオダギリジョーが、
割にあっさりとソ連の軍服を手にしたところは解せません。

ちょっと唐突な感じがして、もう一工夫あるべきだと思います。

この映画、オダギリジョー目線で話は展開していくのですが
オイシイところはチャン・ドンゴンが持っていった気がします。

やはりこの映画、チャン・ドンゴンが
メインの作品なんだなと思いました。





















"映画 「マイウェイ 12,000キロの真実」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント